甥たちの誕生日

甥たちの誕生日は二人揃って6月18日です。

妹は「同じ誕生日なら、どちらかの誕生日を忘れることもないし、ケーキも1つでいいから二人を同じ日に産んだのよ。」と計画的だったと豪語していました。

去年の12月に、自分の誕生日を祝ってもらって喜んだブリパパが、「二人の誕生日は僕が祝ってあげる。」と約束。

2日早く土曜日のお昼に「がれん」でお祝いしてくれました。

 

生うにのゼリーよせ、初夏の炊き合わせ、鱧しゃぶ。

 

甥達には松阪牛のステーキが好評でした。

わたしは揚げ伊勢海老のあんかけが、ブリパパは地鶏の炊き込みご飯と伊勢海老の赤だしが好評でした。

甥達も炊き込みご飯をお代わりしていました。

iPhoneImage.png

仕事が忙しいと二人ともちょっと痩せていましたが、美味しい美味しいと食欲旺盛でした。

わたしに子供がいないせいか、一般の伯母甥より親しく付き合っていると思います。

他愛ない話をしながらランチビールも美味しくいただきました。

お互いの誕生日を祝い合う、いくつになっても嬉しく、これからも続けたいです。


三重大学病院

1年ぶりの三重大学病院です。
移転工事もすっかり終わって、駐車場も整備され、とてもキレイになってました。
ドクターヘリが着陸するところを初めて見ました。


ローソンもドトールコーヒーも入ってます。

あっ、でも、わたしは胃透視が終わっても、1時間は飲食禁止なので、どちらも入れませんでした。

新しくてきれいってとても良いです。


祖母と母を進行性の胃体部癌で亡くしています。
そしてわたしも遺伝子検査で胃癌発症率が人よりかなり高いとのことで、胃透視は毎年、この6月に受けています。

去年、ポリープが見つかりました。

大きくなっていたら、切除と言われていたので、ちょっとドキドキでした。

10時からの予定でしたが、順調に10時半には終わりました。

いつも、口が小さいため、なかなかマウスピースが入らなくてドタバタジタバタで時間を取られるのですが。

毎年のことなので、今年は小さなマウスピースを用意して下さっていました。

お鮨が一口で入る人がうらやましいです。

歯石のおそうじの時は死にそうな思いをします。

親知らずを抜くときは、顎を外しました。(汗)

結果は、ポリープは全然大きくなっていませんでした。

そして血液検査は総て正常値に入っていました。

血圧も106−71で問題無しでした。

で、次回の胃透視は2年後になりました。

 

朝食抜きだったので、ランチビールが美味しかったこと!


誕生祝いご飯

またまた久しぶりの名古屋でした。

名古屋に来たら必ず立ち寄るミッドランドスクエアのお箸屋さん、食洗機で洗えるお箸、

普段使いにお値打ちでセンスの良いのが揃っています。

 

甥たちがお祝いしてくれたのは、新しくゲートタワーにできた「つな八」でした。
天一に行くことが多いのですが、こちらも美味しかったです。

小鉢のクリーミーなお豆腐、初鰹も新鮮でした。

 

天ぷらは海老、鮎、小玉ねぎ、山海の包み上げ、茄子の深川上げ、そら豆。

タコとトマト、アスパラのサラダ、かき揚げ天丼と続いて、デザートは揚げ饅頭でした。

ランチビールもいただいて、お腹いっぱい、大満足でした。

ご馳走さまでした。

 

甥達とは他愛もない話しかしませんが、それでもたまに会って元気にしている姿を見るのは

うれしいです。

来月は甥達の誕生日です。

3歳違って同じ誕生日です。

二人一緒にお祝いだから、ケーキが1つで良いのよ!と妹が変な自慢をしていました。

ブリパパが「がれん」でお祝いしてくれるそうです。

 


誕生日に

5月20日は、わたしの誕生日でした。

フランスで暮らすボクサー友から、素敵なお花が届きました。

いつも遠くで、お会いできるのは彼女が帰国する春と秋だけですが、こうして心にとめて

くださっている、とてもうれしいです。

ありがとう!

秋の帰国をお待ちしています。

 

沢山の方から誕生日のお祝いメッセをいただきました。

ありがとうございます。

犬達と暮らせる日々を大切にします。


そして中日本訓練チャンピオン決定競技会に、アルスは中先生と出場しました。

結果は97.4点でチャンピオングループに入賞しました。

先生はまだ不満なところもあるけれど、先生もアルスも頑張ったそうです。

来月に迎えに行くから、暫くお家でのんびりしてね。

 

24日は甥達が祝いご飯をしてくれるそうです。

限られた予算(笑)でプレゼントに頭を悩ませているそうな。

会って元気な姿を見るだけで、伯母は満足です。

 

ブリパパのお祝いは大好きな温泉に連れて行ってくれるそうです。

下呂か草津に行きたいけれど、ばあさんセレスを預ける決心がつかないので、やはりいつもの

ドギーズ滋賀にみんなで泊まって、やっぽんの湯になりそうです。


そら豆尽くし

毎年、ボクサー友から沢山のそら豆をいただきます。

そら豆ご飯、塩ゆで、焼きそら豆、毎年美味しくいただきます。

今年はそら豆尽くしにしてみました。

 

そら豆ご飯、そら豆を塩ゆでして炊きあがったご飯に混ぜる方法と生のそら豆を

入れて炊く方法がありますが、今回は生のそら豆です。

酒、塩、出し昆布を入れて炊きました。

iPhoneImage.png

 

焼きそら豆、一番好きな食べ方です。

焼き立てを岩塩でいただきます。

 

そら豆と生ハムのマリネ、新玉ねぎ、セロリ、トマトです。

マリネ当日はサラダ感覚で、翌日はマリネ液にしっかり浸かって二通りの食感で

楽しめるので、いつもマリネは大きなサラダボールにいっぱい作ります。

 

そら豆のカニ玉。
iPhoneImage.png

そら豆の糠漬けはブリパパが作りました
ぬか床が良い塩梅になってきて、しっかり浸かっているのにシャキシャキ歯ごたえがあり、

美味しかったです。

 

そら豆と新ジャガイモの重ね焼き、千切りの新ジャガ、チーズを重ねて弱火で時間を

掛けて焼きます。

こんがりと焼き色がついたら出来上がりです。

そら豆を塩ゆでする以外の調味料は使いません。

 


一人ご飯の楽しみ

毎日、毎日、朝昼晩と食事を作り続けています。

これからも作り続けます。

ブリパパは家ご飯が大好きです。

自分一人では、絶対外に食べに行きません。

そんな訳で、旅行やちょっと出かける時も、必ず食事の用意を、留守にする食事の回数分

用意して出かけます。

わたしはジャンクフードやお弁当、デパ地下のお惣菜が大好きですが、ブリパパは

手作りご飯が一番好きです。

 

iPhoneImage.png

 

ブリパパが食事会やゴルフコンペでいない時、わたしの一人ご飯は大好きなジャンクフードや

お惣菜、弁当になります。

それと冷酒、伊勢志摩サミットでは何種類も三重の地酒がサービスされました。

三重には、伊勢神宮に奉納するご神酒の酒蔵が数多くあります。

伊勢志摩サミットで使われた地酒では、作(ザク)がブレイクしました。

海外にも輸出されています。

わたしは、色々飲み比べて、伊賀の小さな酒蔵が造る半蔵がとても美味しいと思いました。

最初は日本酒をグラスにいっぱい、それから焼酎やワインなどを時間を気にせずにダラダラ(笑)

あっ、アルコール依存症ではないですから。。。違うと思います。(汗)

 

一人ご飯はお気に入りのお酒と弁当や総菜。

人に作ってもらった物って、とても美味しいです。

ごくたまにしかありませんが、一人ご飯も幸せ。

 

iPhoneImage.png

 

こちらはベジタリアンな友人の完璧なマクロビご飯です。

先ほどラインで送られて来ました。

それぞれの夕ご飯です。


16日は

満室と聞いていたのですが、静かでゆっくり朝寝坊できました。

帝国ホテルのヘルシーブレックファーストです。

アサイーのヨーグルトも美味しくてお腹いっぱいになりました。

 

 

愛宕神社でご朱印もらいました。

見上げるとめまいがするような凄い急な石段ですが、エレベーターがありました。(笑)

どこかに出かける度に、ご朱印が増えるのはうれしいものです。

 

苺フェアのスィーツです。

モンブラン、マカロン、大福、タルト、生チョコホワイトリキュール、

サンドウィッチ、チョコがけ1粒あまおう、ジュレ、シャーベットとベリーソース、

小さなスィーツですが、数が多くて食べきれないほどのボリュームでした。

 



 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

セレスはわたしが帰宅するまで、ひたすら外を見つめて待ってくれていたそうです。

可愛いところがあります。

そして、今朝からヒートが始まりました。

もうすぐ12歳、そんなにキチンキチンと年2回なくても。(笑)


日チャン前日 4月14日

4月14日の土曜日、天気予報はなかなかシビアでしたが、埼玉に向かいました。

去年もお世話になった友人が迎えに来てくれました。

氷川神社にご朱印をいただきに。

 

 

この派手な鯛はおみくじです。




夕食は中華料理の古稀殿でした。


 

今夜中に雨が降って、明日は回復して欲しいと願っていましたが、なかなか雨は降ってきませんでした。


金剛證寺

翌日24日も素晴らしいお天気で暖かい日でした。

Sayaママさんもご朱印を集めています。
「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と、伊勢音頭にも謡われる金剛證寺。

伊勢志摩スカイライン、朝熊岳に建立されています。

 

朝熊山の山上なのに、風一つない暖かな日でした。

梅雨の時期には紫陽花寺で有名な古刹です。

iPhoneImage.png

 

本堂にお参りして、ご朱印もいただきました。

iPhoneImage.png

奥の院には何千本何万本と林立する卒塔婆の壁を通り抜けて行きます。

この独特の雰囲気、山岳信仰では、深い山の中に彼の世があり死者の霊魂が集うそうです。

御木本幸吉翁の墓石は、真珠の形をした円形でした。


山上展望台からは、美しい英虞湾が望めます。

冬の晴れた日は富士山まで見通せるそうです。


 

お昼はやはりSayaママさん絶賛、津のうなぎです。

Sayaママさんとブリパパはひつまぶし、わたしはうな丼です。

 

アッと言う間に夕刻、ホントに楽しく短い2日間でした。

また、秋には元気に帰国してください。


お楽しみ

夕食は、Sayaママさんお気に入りの「がれん」に。

美味しくて毎日でも行きたいお店だそうです。
当日の朝、がれんの大将から電話で「お昼はうなぎを食べないで下さい。脂の乗った天然鰻が入りました。」
はい。お昼はお蕎麦にしました。

 

黒鮑甲州煮はわたしの大好物ですが、それを雲丹とクリームチーズであえて。

17年物の桑名産蛤の潮汁はSayaママさんとブリパパが絶賛していました。

天然鰻の白焼はパリパリとしてこってり脂が乗って口福でした。

金目鯛の釜飯も「こんな美味しい釜飯、食べたことない!」とSayaママさんが

絶叫していました。




Sayaママさんからお土産にいただいた、ボクサー柄のポーチ、ゴブラン織りです。

いつも何かしらヨーロッパ系ボクサーグッズをくださるのが、凄くうれしいです。 

この表情! 今までいただいた物は総てお気に入りです。 ありがとう!



伊賀焼きや信楽の素朴な風合いが好きで、Sayaママさんと窯元に立ち寄るのが楽しみです。
ブリパパが気にいった岡崎勉さんの湯飲みです。

 

iPhoneImage.png

 

わたしの母はユニークな人で、生前、「今度産まれたらウミガメになりたい。千年二千年を掛けて

七つの海を泳ぎ渡りたい。」と言っていました。

母は生まれ変わって、悠々と独りぼっちで、大海原を泳いでいるでしょうか。

悠久の孤独に耐えられそうもない娘のことは、もう忘れてしまっているでしょうか。

一目見て、どうしても欲しくなった亀の絵付け、中大路優さんの器と箸置き、普段使いに買い良い

お値段で嬉しかったです。

ブリパパはえびの模様を選びました。

Sayaママさんが選んだ素敵なお皿や小鉢も画像を写させてもらえば良かったです。


 

 


<< | 3/10PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM