会報表紙12

 

日本警察犬協会会報12月号が届きました。

成犬牡組日本チャンピオン、ブリッのお父さん、ビリーズです。

当日は初夏のような陽ざしの中、訓練士もビリーズも楽しそうに走っていました。


 

以下のような紹介分が掲載されました。

 

ビリーズ デッラ マロッジャ(牡)

2014529日生)

父 プリモ デル コレ デル インフィニト

母 オリア デッラ マロッジャ

 

 今回の表紙は、4月に埼玉県比企郡吉見町・吉見総合運動公園において行われた、第73回日本チャンピオン決定審査会・ボクサー・成犬牡組でチャンピオンを獲得された、ビリーズ デッラ マロッジャです。

 

 ビリーズ デッラ マロッジャは、昨年の特別日本チャンピオンを制したのに続き、日本チャンピオンを獲得し、本部展連覇となりました。

 

 日本チャンピオン当日は万全の仕上がりで、訓練、ハンドリングをした松村恵美訓練士は「今大会では、本番にテンションが上がるように、ビリーズが楽しく走れるように仕上げました。日本チャンピオンは独特の雰囲気がありますが、本当に良い走りを見せてくれました。良い犬を預けていただいて、本当にありがたいと思ってます」と語る通り、リンクでは嬉々とした走りを見せ、堂々のチャンピオン獲得となっています。

 

 ビリーズは、ヤンチャではありますが、とても明るく優しい性格で、所有者の関谷様も「今まで飼育をした5頭の中で一番明るい」と語っています。また普段から常に一緒に行動をし、公園や旅行に出かけるだけでなく、寝る時も一緒にベッドに入っています。

関谷様が4頭目に飼育をしたアヴァント フォン デァ モッレで日本チャンピオンを獲得した後は、高齢のため、もう犬は飼えないと思っていたそうですが、ドイツの友人からの強い勧めもあり、5頭目の飼育を決意。その後は「人生の励みになっているし、通院の回数も減りました」と、ビリーズは関谷様の癒しと生活の潤いになっています。

 

 また、今年の日本チャンピオン・成犬牝組を獲得したブリッツェン フォン アヴァントズ ハイムは、ビリーズの娘で、父娘でのチャンピオン獲得となりました。

 

 写真は、日本チャンピオン決定審査会が行われた埼玉県比企郡吉見町・吉見総合運動公園の会場で撮影をされたものです。

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM