セレスの事

 

セレスの長いヒートが終わってそれほど日が経たないにもかかわらず、また出血が始まりました。

まさかヒートとは思えず、ホルモン異常や子宮蓄膿症を疑いました。

また、出産のとき、なかなか出血が止まらず、子宮の収縮が悪いと診断され子宮収縮剤を飲ませましたが出血が止まらず、セカンドオピニオンを受けた獣医から、膣にポリープが出来ており、それが出産時に傷つき出血していると診断され、止血剤と抗生剤の投与で治まったことも思い出しました。



 

行きつけの動物病院に連れて行きました。

膣鏡で確認していただきましたが、今回はポリープからの出血ではありませんでした。

エコー検査で子宮蓄膿症でもないことが確認できました。

ホルモン異常ではないかとの事で、止血剤と抗生剤を服用しながら血液検査、培養、細胞診検査等をしました。

年齢を考えて、何度かに分けゆっくりと検査を進め、獣医さんまで徒歩10分かからない距離なので車は使わず、天気の良い日にセレスとお散歩気分で通院しています。

セレスはブリッに内緒で自分だけオヤツをもらうのが大好きです。

ブリッがコタツの中に潜り込んでいる時、砂場に出てる時などに、イソイソわたしにオヤツをせがみます。

自分だけが貰うときは、ホントにうれしそうにニタリと笑って口を開けます。

病院の帰途、公園でビスケットやカステラを一切れもらうのが嬉しいのでしょう、全然嫌がらずに通院してくれます。

 

脾臓に悪性の腫瘍が見つかりました。

ブリパパと話し合いましたが、セレスの年齢等を考えるとどうしても外科手術を選択できませんでした。

内科治療を選択しました。

対症療法になります。

最近トイレが近くなり、夜中に1回2回と起きて砂場に出たがりますが、階段の上り下りは支障なく歩行は軽快です。

今は不正出血だけで、大いに食欲があり、痛みも訴えませんし、動物病院往復も元気に歩きますし、良く眠り、嫌な事はしない、マイペースに過ごしています。

 

わたしが高齢犬表彰などと騒いだことが分岐点になったのではと、非論理的なことまで考えてしまいます。

苦しくないように、日々美味しくご機嫌に過ごせるよう気を配っています。

まだまだ沢山の時間がセレスに残されていますように。

 

 


コメント
内緒でおやつをもらいに来るセレスちゃんに、ひっそりこっそりと手を差し伸べているaruceさん。
ほんの一瞬が大人女子の特別な時間ですね♪

ご家族との日々を美味しく楽しくご機嫌に過ごせますように!!
  • Vivi
  • 2019/03/25 11:28 AM
Viviさん、ありがとうございます!
元気に食欲旺盛にしてくれているので、一人っ子状態の今は甘やかせて可愛い可愛いで暮らしています。
通院も嫌がらずにお散歩気分で行ってくれます。

  • aruce
  • 2019/03/25 12:02 PM
お掛けする言葉に悩みます・・・

私も先日は無責任な事を言ってしまい反省しきりです。

この純真無垢でつぶらな瞳の子が病気だなんて信じられません。

お大事にしてください。
  • ミズノ
  • 2019/03/26 4:32 PM
ミズノさん、ご心配をおかけしています。
無責任な事など、何一つミズノさんからお聞きしていません。
いつもいつも、ボクサーを愛するお気持ちをいっぱい頂いています。
ありがとう!

ミズノさん、お仕事復帰、いかがですか?
  • aruce
  • 2019/03/27 10:15 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM