バタバタと日は過ぎて

バタバタと日が過ぎてしまいました。

1月7月とヒートが来るセレス、1月下旬から始まりました。

3週間が過ぎましたが、まだ終わりません。

今回も4週間あるようです。

おパンツでも、食欲旺盛、良く食べ良く眠り、ブリパパに甘えています。


iPhoneImage.png

 

先月末に、夫婦で4年ぶりにPET-CTを受けました。

家系に癌のないブリパパは、心配していた動脈硬化や、膵臓等内臓をクリア、アルツハイマーも大丈夫でした。

わたしは、アルツハイマーと血管系の病気には絶対ならないと断言していただきましたし、内臓もクリアでした。

100までが正常値の内臓脂肪は46で半分以下と誉めていただきました。

やはり、遺伝子検査で要注意の胃癌、肺癌検査を定期的に受けるようにと勧められました。

できれば、ブリパパを見送り、甥達に見送って欲しいものです。

 

中部ボクサークラブUさんのアルダリッヒが亡くなりました。

11月のBBQでは、貫禄十分、とても元気にしていました。

カオスの息子で10歳、カオスそっくりで、Uさん自慢のお坊ちゃまでした。

「もう少し落ち着いてから、電話しようと思っていたけれど。孫にお祖父ちゃんまだ泣いてるの?と言われ、恥ずかしい。庭にビール持って出たけど、涙が止まらない。これは遠慮してる場合じゃないわ。」と電話がありました。

「会社の人やら知人に、お悔みやら慰めてもらっても全然うれしくない。だって、みんな犬が死んだと思ってるんだよ。犬を亡くしたんじゃない! わたしはボクサーを亡くしたんだよ!」

「わたしの気持ちを分かってもらえるのは。中部ボクサークラブの貴方やIさん達だけ。あなた達に聞いてもらえなければ、わたしの胸が張り裂けてしまう。」

 

Uさんはカオスが大好きで、和歌山でエランとカオスの子犬達が生まれたと聞き、私たちと一緒に見に行きました。

「覚えとる? 一緒に和歌山についてってもらった時のこと。」

「よく覚えてるよ。」

「アルダ見て、わたしが急に泣き出して、あなた達がビックリしてたじゃん。」

カオスそっくりの子犬、アルダリッヒを見た途端にUさんがポロポロと涙を流し始めました。

「嬉しい! カオスそっくり。 わたしの理想のボクサーがいる、この子に家に来てもらえるなんて、こんな幸せでいいだろうか!?」

 

Uさん家で家族みんなに可愛がられ、愛された一生は幸せでした。

でも、10歳は早すぎるよ、アルダ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM