ビリーズとアリーセ

山口の防長20警察犬訓練所に預託されているアリーセにヒートが来ました。

が、JALもANAも夏場、この時期は犬を乗せてくれません。

毎年、乗せてもらえない期間が長くなるように思います。

以前は西濃運輸がお盆、お正月以外は引き受けてくれて助かっていましたが、動物の輸送から撤退されてしまいました。

輸送手段が確保できなくて、交配を見送るケースも増えているのが残念です。


ビリーズの担当松村訓練士が、ビリーズを乗せて岐阜から山口まで走りました。

普通は、牝犬が牡犬の処に来るので、「ビリーズ、アゥエイなのに大丈夫か!?」という声もありましたが、いえいえ稟性しっかりしたビリーズ、久しぶりの再会に2頭が大喜びしたそうです。

 

受胎しておりましたら、9月上旬に子犬たちが誕生します。

 

わたし達は白い子犬が誕生しましても淘汰致しません。

ホワイトボクサーの特性をご理解いただけて、可愛がっていただける方に差し上げます。

一生手放さずに可愛がっていただける方に迎えて頂きたいです。

ご連絡をお待ちしています。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM