細胞診

 肥満細胞腫
 アルスの胸部腫瘤は、病理診断の結果やはり肥満細胞腫でした。
グレード3でした。
あと1ヶ月早く手術してやっていればと、アルスに申し訳なく思います。


アルス

幸運な事に、わたし達が一番恐れていた肺への転移がまだ見られません。
アルスの年齢が11歳と高い事が、転移やその進行の速度を遅くしてくれますので、これからのわたし達にとって大きなアドバンテージだと思っています。

アルスに残された時間が、あとどれ位なのか分かりませんが、欲しがる物は何でも与え、アルスのリズムに合わせて日々を過ごさせてやりたいと思います。
聞き分けの良い子なので、我ままもなかなか言ってもらえませんが、精いっぱい甘やかせてやります。

リンデロンを使う化学療法、そしてペインブロックに心を砕かねばならない日が、一日でも遅くなりますようにと、心から願っています。
アルスは気が良い子ですが、芯もとても強い子です。
わたし達の願いに応えて、頑張ってくれると信じています。

いつもアルスを気に掛けて下さって、あたたかな励ましをありがとうございます。

コメント
きっとアルスの幸せは、aruceさんとブリーパパの楽しそうで幸せそうな笑顔を眺めていることだと思います。
転移は見られないとのことなので、免疫力を強化して、毎日笑って、笑顔パワーでまたまた免疫力を強くして、充実の日々を送ってください。
応援しています。
  • ema
  • 2010/07/17 4:35 PM
肺等への転移がなくて、本当に良かったです。
11歳のアルス君、細胞腫に立ち向かい進行を遅らせ、そして手術ではすこぶる早い回復力を見せてくれましたね!
とっても親孝行さんです。まだまだアルス爺さん頑張ります!
周りの事は、セレちゃんに任せて僕はママに沢山甘えるのさ!だって!
  • Vivi
  • 2010/07/17 9:53 PM
肥満細胞腫でしたか。

昨日アルス君の元気そうなお写真を見て、お顔は白く成ってもパピーの頃と変わらない表情・・特におめめが・・に大喜びしていました。

肺への転移が無いとのこと、よかったです!
日々楽しく過ごす事、それが一番ですよね。

ペインブロック・・辛いですね。
苦しむ姿を見るのは何より辛い。
もの言えぬ子達、しかも我慢してしまう子達ですから。

ずっとずっと祈ります。
アルス君のファンが皆、アルス君にパワーを送ります。
奇跡は起こるんですよ。
だから奇跡という言葉があるんですから。

aruceさんが大丈夫!って思えば、きっと大丈夫。
aruceさんの笑顔が特効薬です。
  • emi
  • 2010/07/17 11:00 PM
進行が遅くなりますように・・・
痛さ 辛さが 少しでもでませんように

いいお顔してるし 

アルスくん がんばれ〜〜〜
  • poppi
  • 2010/07/18 12:05 AM
emaさん、ありがとうございます。
アルスは元気に歩いて良く食べ良く寝ています。
もし、免疫力を高めるサプリなどご存知でしたら教えて下さい。
  • aruce
  • 2010/07/18 6:47 AM
肺へ転移してたら、呼吸困難を心配していましたので、ホントに転移してなくて良かったです。
セレスがアルスを守ろうと張り切って吠えるのが煩くて(セレスごめん)、日々鍛え声量までボリュームアップしています。(汗)
  • aruce
  • 2010/07/18 6:50 AM
emiさん、アルスへのパワー ありがとうございます。
11歳という高齢で、摘出手術に成功したのは、全国(海外からも)送っていただいたパワーのお陰です。
とても心強いです。

免疫力を高めながら、ストレスを感じさせないようにノンビリと暮らして欲しいです。
アルスは食欲旺盛(未知の味との遭遇を喜びます)で、セレスをクンクンしたり、マイペースで過ごしています。
  • aruce
  • 2010/07/18 6:58 AM
poppiさん、ありがとう。
肥満細胞腫は激痛を伴う癌ではなさそうです。
ペインブロックの時期は短くて良さそうです。
アルスの高齢がアドバンテージになって、転移や再発が遅くなると期待しています。
  • aruce
  • 2010/07/18 7:00 AM
転移がなくてよかったです。
ほんと、よかった。

笑顔でいる事は免疫力を高めると聞きます。
アルス君にとって、aruceさんとブリーパパさんの笑顔が、
何よりもアルス君の免疫力を高めてくれると思います。

傍で寄添ってくれる一日一日がとても愛おしいですね。
私もうどんの国からパワーを送ります。
  • 花月ママ
  • 2010/07/18 7:40 AM
花月さん、こんばんは。
アルスの胸は、もう毛が生えてきて、よく見ないと手術あとも分かりません。
しかも食欲もあって、何でもカリカリ食べて、ちょっと太りました。
摘出手術を受けた後の体調に思えません。
うどんの国からのパワー ありがとう♪
  • aruce
  • 2010/07/18 7:37 PM
手術が終わり、悪いことは全て終わったと
考えていた単純な私。
間違っていましたね。
これからが勝負なのですね。
アルスくんの我慢強さと忍耐強さに感心する
ばかりです。
アルスくん、大好きな果物を沢山召し上がって酵素を沢山摂って、体力を沢山つけてください!
  • ars
  • 2010/07/19 2:44 AM
arsさん、おはようございます。
arsさんが喜んで下さっている様に、手術で悪い部分は摘出できました。
細胞診でもリンパ管や血管浸潤も認められていません。
転移や再発を遅らせて、天寿を全うさせてやることも可能です。
その為に、体に酵素も取り入れやすくしてやります。
ぱぐぼくさんやSayaママさんにも、色々と教えていただいています。
良いサプリメントも販売されています。
  • aruce
  • 2010/07/19 8:21 AM
アルス君、転移はなかったとのこと本当に良かったです。これからはarceさんと日本中のアルス君応援団が進行をストップさせるためにパワーを送ります。もちろん我が家からも。
免疫強化、普段の食餌にも取り入れるよう気をつけていますがアルス君の回復力を見ていると、本当に大事だなと思います。アルス君のパワーの源はaruceさんの膝枕かもしれないけど!
  • チョッパーママ
  • 2010/07/19 6:03 PM
チョッパーママさん、パワーをありがとう! ヨロシク!

わたしも半分フード+手作り食だったのですが、免疫力を高める素材、有機栽培素材を使った手作り食にしています。
アルスの気力と回復力は、ホントに親孝行です。
  • aruce
  • 2010/07/20 8:08 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM