乙女ちゃんのこと 1

乙女ちゃんは2014.4.3に生まれました。

お父さんはバルダー、お母さんは萌ちゃんです。

アドラー、マハロ、アリスそして乙女の4頭兄弟姉妹です。

otome1

 

新しいお家からお迎えが来るまで、乙女ちゃん達3頭を暫く家で預かっていました。

カオセレが3頭のお守りをとても上手にしてくれました。

仲良く3頭で遊びながら出発の日を待っていました。

otome2

otome3

otome4

 

乙女ちゃんは犬が大好きなお兄ちゃんと弟、生まれたばかりの男の赤ちゃんがいるお家に迎えられました。

お散歩はお兄ちゃん達と一緒、先住犬のパグ雄じいさんと猫の福介とも、とても仲良くなりました。

パグ雄じいさんは友人から1週間旅行に行くので預かって欲しいと頼まれたのだけれど、そのまま迎えに来てくれなくて、この家の子になったそうです。

お散歩に連れて行ってくれるお兄ちゃんには悪いけれど、お家が大好きで、外へ出ても直ぐにお家に帰りたがりました。

キッチンでお手伝いしたり、家の中でみんなと一緒に居るのが一番好きなお嬢さんに成長しました。

otome5

otome6

 

やがて妹が生まれ、乙女ちゃんは子守り犬に変身。

一日中、妹の側でお世話をし、だんだん大きくなる妹に何をされてもじっと我慢するので、家の人たちが「乙女ちゃん、我慢するな。怒れ怒れ。」と言ったそうです。

otome7

 

それからも乙女家からは、お兄ちゃん達や妹と一緒の写真、夏休みの旅行の写真などなどいっぱい届き続けました。

が、1年くらい前から、連絡が遠くなってしまいました。

otome7

otome8

 

突然13日に奥さんから電話をいただきました。

連絡が滞ってしまったのは、ご主人がずっと闘病生活を続けられていて、現在も入院をなさっておられるためでした。

あの乙女ちゃんが大好きだった家も手放されたそうです。

探しても、なかなかお値打ちで犬が飼える借家は見つけられなくて、しばらく乙女ちゃんを預かって欲しいとのお話でした。

彼女は子供たちと一緒に暮らしながら、そしていつかは乙女ちゃんも迎えられる家を探したいと話されました。

まだ学齢前の年齢から4人の子供さんがおられます。

詳しくお話を聞いて「貴女は4人の子供さん達の事だけを考えて、乙女ちゃんはわたしに任せてください。」と申し上げました。

「はい。」と返事してくださいました。

17日に乙女ちゃんを迎えに行きます。


白いボクサー里親募集 (シェリー)

過日ブログでお伝えしました、1歳の白いボクサー、シェリーの避妊手術が無事終わりました。
獣医さんが「若いと回復が違うね。」と感心した程、麻酔が醒めるとケロリとしていたそうです。
フィラリア陰性ですし、健康状態も良好、小柄ですがとても明るい性格で、現在お預かりいただいている家の犬達とも仲良く暮らしています。
活動的でタフネス、テンションも高く、ボクサー好きならたまらない性格をしているそうです。
安心して、お渡しできる子だと思います。
詳しくはシェリーの里親募集ページをご覧下さい。
http://www4.hp-ez.com/hp/boxer/ 

シェリー


アドラーのリード付きお散歩画像が届きました。
暑さにも負けず、元気に悪戯フルスロットルで暮らしているそうです。

アドラー

アドラー

アドラー
この生き生きとした黒い瞳がたまりません。

白いボクサー里親募集

白いボクサー、1歳の女の子、一生手放さずに可愛がって下さる里親さん募集です。
まだ子犬のあどけなさも残る若いボクサー犬です。
函館の保健所、管理センターで保護されていました。
シェリー

保健所によっては、近日中に殺処分するところもあるようですが、函館はできるだけ殺処分はしたくないと預かって下さいます。
そして、管理センターの方から、保護団体等に連絡も下さるそうです。
この子も1ヵ月を管理センターで暮らしました。
大勢の方々の善意と努力で請け出され、海を渡って、現在は「幸ちゃんの会」会員が、埼玉でお預かりしています。
獣医の健康診断も受けましたが、問題は無く、フィラリアも陰性でした。
避妊手術後に、里親さんにお渡しすることになると思います。

シェリー

そのお家にはボクサー犬をはじめ、3頭の犬達が居るのですが、仲良く過ごしています。
お嬢さんが名づけて、シェリーと呼ばれています。

詳しくはシェリーの里親募集サイトをご覧下さい。
http://www4.hp-ez.com/hp/boxer/
詳細問い合わせアドレスも、記載してございます。
HP,ブログ等をお持ちの方は、リンクを宜しくお願い致します。

今度こそ、一生手放さずに可愛がって下さる家族に巡り合えますように、
皆さまのご協力をお願い申し上げます。
 

ボリスの里親募集

 以前掲載しました「ボギーの里親募集」を覚えて下さっていますか。
彼を保護なさっている方たちのお一人、スロさんから、少年や親族への配慮から「ボリス」として里親募集をなさると連絡をいただきました。

ボリス1

「いつでも里親募集中」
http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-74549.html

以下の文章は上記「いつでも里親募集中」掲載記事からの抜粋です。

埼玉県草加市

犬オス  ★ボクサーMIX 元気な14才♪

[特徴]
●申し訳ございませんが、「未成年の方」「携帯アドレス」「フリーアドレス」
からのお申込みはお断りいたします。(返信しかねます。)

ポリス君の飼い主ご家族が相次いで亡くなり、保健所へという話を知った
ご近所の方が「何とか生かしてあげたい」とお世話して下さっていたのですが、
その方に「難病」の診断が下ってしまいました!

苦しい体調でポリス君のお世話を続けるうち、とうとう寝たきりの日々になり、
緊急で飼い主さんを募集しております。
 
ポリス君の、残り少ない余生をまっとうさせて下さる慈悲深い方、
どうかボリスくんを救って下さる方、ご連絡お待ちしております!

決して若くはありませんが、日常生活に支障なく、
初対面の人にも、とっても甘えん坊♪
元気で人懐っこい、ボリスくんです。

外飼育(マーキングあり)希望です。
フィラリア陽性ですが、症状は見られません。
未去勢です。

コマンドは、スワレ・マテ・コイ・ハウスができます。
(ハウスを14歳にして、預かり家で学んだ、おりこうさんです♪)
脚即歩行ができます。無駄吠えもありません。
ごく軽いおさんぽで、十分です。

◆これまで行った医療行為
○健康診断       → 済
○フロントライン    → 済
○5種混合ワクチン   → 済
○狂犬病予防接種    → 済


ボリス3

スロさんのブログ「スロスの巣」でも紹介されています。
http://slothnosu.blog.fc2.com/blog-entry-133.html


ボリス2

ボリスに最後の時を安心して過ごせる環境がどうか与えられますように!

この記事をご覧下さった皆さんにお願いです。
ご自分のホ−ムページ、ブログ、フェイスブック、ツイッター、口コミ等で拡散をお願い致します。
ボリスの里親募集が一人でも多くの人たちに見ていただけるようにご協力をお願いします。

バンビ(ボクサー白牝)の里親募集

 5月5日生まれ、バンビちゃんの生後4週間画像が届きました。
無心に眠る姿は天使です。
バンビちゃん

アイパッチが魅力的♪
バンビちゃん

目も開いてパッチリとしてきました。
視力も聴力も問題ないと伺いました。
バンビちゃん

離乳食も始まりましたが、食欲旺盛で順調に発育しています。
一生手放さずに可愛がって下さる方に差し上げたいと願っておられます。

どうぞ宜しくお願い致します。

追記:2012/06/06
3頭の白い子犬達は、それぞれに迎えて下さるお家が決まりました。
沢山のお問い合わせをありがとうございました。

ボギーのこと

 ある方から突然メールをいただきました。
スロさんとおっしゃいます。
個人で猫のレスキューをなさっておられるそうです。
「スロスの巣」 http://slothnosu.blog.fc2.com/

が、もちろん、わたしへの相談は猫ではありませんでした。
文面からも、とても困惑しておられる思い、切羽詰まったご様子が伺えました。

そのメールは自己紹介と共に
「14才のシニア・ボクサー犬の里親さん探しに、お力をお借り
できないかお願いに上がりました。」と書かれていました。
 
ボクサー犬の名前はボギー、飼い主さんご一家はご両親と男の子でしたが、
小学校6年でお父さんが、中三の受験前にお母さんが亡くなり、男の子の身内は、幼稚園の頃からいっしょに育ったボギーだけになってしまいました。
少年はボギーとふたりで家に住むと希望しましたが、周囲の大人達にそれが適えられるはずもなく、現在は施設で生活しておられるそうです。
 
今年1月に少年が家を離れてからは、十分な面倒が見られず、心ならずともボギーは、犬小屋のない中ほぼ放置状態に置かれていたそうです。
ボギーの窮状を知ったFさんがレスキューされ、獣医さんに診せ、預かりさんを見つけ、食費等一切を寄付なさっています。
ボギーを預かられたTさんが、体調を崩し、一か月後には入院なさることが決まりました。

ボクサーと共に暮らしておられる方ならお分かりだと思いますが、ボクサーはシビアな犬種で 寿命10年と言われていますし、8歳を過ぎたら何が起こってもおかしくありません。
老齢のボギーを真冬の酷寒を犬小屋もなく耐えさせたものは何だったのでしょう。
彼に命を繋がせた思いは何だったのでしょう。

スロさんは、
現在は元気なボギーですが、高齢でフィラリア陽性です。
保健所に送るようなことはせず、何の心配もなく、穏やかな老後を送らせて下さる、やさしい飼い主さんを見つけてあげたいと、強く願っている私共です。
と、書かれています。

スロさんとのお約束は、ボギーの里親募集を保護活動の掲示板に掲載してから、その原稿をいただき、わたしのブログに掲載するお約束でした。
もちろん、原稿をいただいたら再度掲載致します。
が、フライングでボギーの事を書かないではいられませんでした。
ボギーに残された猶予は一か月しかありません。
彼に残されたたった一人の家族を待ちながら、雨露もしのげない環境で生き延びたボギーの事を少しでも早く、一人でも多くの人に知って欲しかったのです。

元気なボクサー犬シニアだと思いましたが、月齢だけが気になりました。
14歳で元気に暮らしているボクサー犬が信じられませんでした。
少年が幼稚園の時が誕生日だとしたら、11〜12歳位ではないか、年齢が間違って伝わっているのではないかと思いました。

スロさんから届いたボギーの写真です。

ボギー2

ボギー1

ボギー3

画像をいただいて、ボギーはボクサーのミックス犬だと伺いました。(スロさんもご存知なかったそうです。)
ボクサーであろうとなかろうと、命は等しく貴重です。
でも、若い犬から里親さんが決まるのも、保護活動の現実です。
ボギーに残された日々は長くないかもしれません。
そんな黄昏の日々を共に過ごしていただける方はいらっしゃらないものでしょうか。
ボギーに足長おじさんは恵まれないのでしょうか。

ボギーはとても温順な性格をしており、Tさん家でも先住犬とも仲良く過ごしていると聞きます。
聡明なお顔をしています。
真っ直ぐ見つめる眼差しがまぶしいです。
現在ボギーは埼玉県で暮らしています。

心の整理もできないまま、ボギーの事を書いてしまいました。
スロさんから、里親募集の原稿が届き次第、改めて募集記事を掲載致します。
どうかどうか宜しくお願い致します。


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM