中日本チャンピオン決定審査会

2月9日は、愛知県岡崎市総合中央公園で「中日本チャンピオン決定審査会」が開催されました。
前日の雪と雨の影響か、津は朝からぐずついた空模様で寒く、ブリーとカオスを留守番させるのを迷いました。
もちろん犬舎はエアコンが付いているのですが、もし、「何かで停電とかなったらどうする?暖房切れたらどうなる?」とブリパパ。
一緒に連れて行くことにしました。
カオスの通院の度に留守番のブリーは、大喜びで真っ先に車に飛び込みました。

セレスの娘、萌ちゃん(ディステル フォム リーゼンシュテルン)が久しぶりにリングを走ると言うので応援に行く予定でしたが、萌ちゃんはヒートが来てしまいましたので、今日はお留守番、会えなかったです。

会場は、前日の雪が溶けて、足元は最悪でしたが、風がなく、2月にしては比較的穏やかな日でした。
カオス
久しぶりの審査会場、ブリーとカオスもご機嫌でした。
どの子とも誰とも仲良くできたカオスですが、息子のアルダリッヒだけには厳しかったです。
まだまだ、負けないぞとの意気込みで一喝していました。
おばあちゃんブリーにも、カオスにも良い刺激になったようです。
これからも、犬の集まりには、2頭を連れて行こうとブリパパが言っています。

アルダリッヒ
カオスの息子、アルダリッヒです。
カオスとソックリ父子だと言われますが、充実の4歳、素晴らしい力感とバランスに目を奪われます。

叔父&甥
こちらは叔父と甥です。
ビーゴはアルダリッヒの同胎犬アガサの息子です。

叔父&甥
現在ビーゴは東海警察犬訓練所が管理していますが、とても頭が良く、訓練性能にも優れているそうです。
審査会と競技会の両立で頑張るそうです。

アバント
招待犬で登場したアバントです。
今年の8月に13歳になります。
種牡として大活躍、大勢の素晴らしい子犬達を世に送りだしました。
2013年度日本チャンピオン虎さま(デュエル フォム リーゼンシュテルン)もアバントの息子です。

アバント
お顔は真っ白ですが、胸を張り尾を上げてリングを走る姿は威風堂々。
サスガ、ドイツの名門犬舎モレクウェレが日本の友、Sさんに送ってくれた犬です。
Sさんは、変電気も含めビデオセット一式をドイツに贈り、アバントの審査会ビデオを総て見てもらっているそうです。
いつも電話で「アバントに満足してくれているか?」「もちろん!大満足。」という会話が繰り返されているそうな。

シャリオ
こちらもアバントの息子シャリオ君です。
頭部が大きくなって、胸幅も出来て立派になっていました。
アバントの子供たちに共通するのは、この品の良い顔貌でしょうか。
虎や萌ちゃんもですが、ストップが明確で、スッキリと垢抜けています。

セプタ
セプちゃんです。
2013年日本チャンピオンであると同時に、霧ケ峰では「臭気選別で」6位入賞と言う、才色兼備ぶりを発揮しました。

セプタ&シャリオ
シャリオとセプタも仲良く遊んでました。
カオスの病気以来、ヒッキー中の私たち、犬友達とは、久しぶりの顔合わせになりましたが、ホントに楽しかったです。
 

審査会

わたし達ヨーロッパ系ボクサーはPD(日本警察犬協会)に属していますが、最近では競技会が主流になっています。
ボクサー組も競技会でシェパードと互角に、もしくはそれ以上の成果を残す犬達が出ています。
親バカですが、わたしのカオスも嘱託犬シェパードを抑えて入賞していますし、ボーラー(カオスのお嫁さん)が全日本服従訓練競技大会アマ1部チャンピオンを獲得、ボクサー犬優勝の初快挙は有名な話です。
何度自慢しても言い飽きない、言い足りないわたし。(笑)
ボーラーとカオスの子犬達も楽しく訓練に励んでいます。
デビューが待たれます。
そして、過日の霧ケ峰では、日本訓練チャンピオン決定競技会、臭気選別で、中部ボクサークラブのセプタが6位入賞という素晴らしい成績を残しました。

競技会に押されてしまっている審査会ですが、出陳頭数も減り続けている現状ですが、審査会の火を消してはいけないと頑張っておられる支部があります。
2014年、1月12日 春季東日本チャンピオン決定審査会
千葉県市川市塩浜駅裏・国鉄清算事業団跡地

2014年、2月9日 春季中日本チャンピオン決定審査会
愛知県岡崎市高隆寺町字峠1番地・岡崎市中央総合公園

千葉には1度、ブリやカオセレを連れて行った事があります。
現在は、カオスを置いて、もしくは連れて、遠出は無理なので、2月9日に岡崎に出かけようと思います。
広い公園ですし、駐車場も完備しています。
是非、ボクサー犬と共にお出かけください。
会場でお会いするのを楽しみにしています。

 

日本チャンピオン2013

 例年江戸川で開催されるPD日本チャンピオン決定審査会が、4月21日に埼玉県の吉見総合運動公園で開催されました。
毎年の泥田から解放されるかと思ったら、やはり雨天、足元は最悪でした。

今回のカメラ担当はブリパパです。
画像のヘボさは、天候のせいと許しても、画像のない子達がいるのはガッカリだと言ったら「次回から自分で写せ。」の一言でした。

20日の土曜日、フランスから帰国中のSayaママさんとcamaroさんの4人で東松山市へゴー。
エラン家とホテルで待ち合わせて、東松山市で最高と評判のお鮨屋さんへ。
築地直送のお魚は新鮮で美味でした。

21日、朝から雨は激しく降っていました。
会場ではアトさん達のテントで歓待していただきました。
本当にありがとうございました。

ビーゴ
会場に着いたら、ちょうど、アガサちゃん(エランとカオスの娘)とアペニン君の息子、ビーゴ君が東海警訓の小林玄太訓練士に引かれて、個体審査中でした。
幼大牡組チャンピオン、おめでとう。
ビーゴ オブ トレジャー シップ

セプちゃん
次にリングに入ったのが、中部ボクサークラブ所属、セプちゃん。
2013成犬牝組日本チャンピオンおめでとう。
ワンダ オブ ワールド タイガー

お昼前には続々応援組も登場しました。

チョッパー
チョッパー君はパパさんママさん&むんむんと登場、寒い中をありがとう。
むんむんは人間の弟です。
一家のオーラは熱かったです!

ボンたん
sakuさんとボンフォルテ君、全日本服従プロ1部出場は、ボクサー犬初の快挙です。
一緒にブルーメちゃんの娘、愛咲ちゃんも来てくれたのに、ブリパパが画像を写してませんでした。(涙)

リキ君&詩ちゃん
ランチ岩さんと蘭ちゃん母さんと一緒に来てくれたのは力丸君と詩ちゃん。
詩ちゃんは「幸ちゃんの会」でレスキューし、蘭ちゃん家に迎えられました。
ピカピカになりました。
放浪中を保護された時の痩せ衰えた姿を想像さえできません。

リキ君
Sayaママさんはフランスでヨーロッパボクサーと暮らしていますが、リキ君を見て大喜び。
日本に来て、「これぞヨーロッパボクサーに会えました。」と感激しきりでした。
リキ君はブルーメちゃんのお坊ちゃまで、愛咲ちゃんと同胎犬です。

はー君
ぱぐぼくさんが愛息子はー君と一緒にロングドライブ、会場入りしてくれました。
ぱぐぼくさんの愛娘ジャスミンちゃんとアトさんの最愛のアトラン君がペアリング、子犬達が誕生しました。
はー君はぱぐぼくさんと暮らし、エース君はアトさんの実家、アシュリーちゃんはアトランパパと一緒に暮らしています。

アシュリー
アシュリーちゃんです。
幼犬大牝組チャンピオンおめでとう。
アシュリー オブ サウザンド リーブス


エース君です。
アシュリーちゃんもエース君も、審査会だけでなく、訓練も頑張っています。

バルター
バルダー フォン デァ グレンツェ
若犬牡組チャンピオンおめでとう。

未成犬牡組チャンピオンはパズー君、おめでとう。
ブリパパが画像を写していませんでした。(涙)
アトラス フォン デァ アウクエプフェル


アガサ
いよいよ成犬牝組にアガサちゃんが、だぁ様のオーナーハンドラーで登場しました。
エランちゃんとカオスの娘です。
リングに立つ姿を見て、「いいじゃん! 上手に仕上がってるよ!」と思ったら、ヒョコヒョコ足を引いて歩くのです。
前日の夜、だぁ様の不注意で足をけがしてしまったそうです。
だぁ様の「ばかぁぁぁ。。」、アガサちゃんの代わりに言っちゃいました。(笑)

いよいよオーラス、華の成犬牡組の審査です。
虎

虎

虎

虎君は一度も他犬の後ろを走ることなく、リングを圧倒して、2013日本チャンピオンに輝きました。
虎君がチャンピオンに決定した瞬間、リングサイドがどよめきました。
惜しみない拍手で、祝福していただきました。

表彰台
やはり鶴岡一等訓練士正は顔を上げません。
ひたすら虎ばかり見ています。(笑)
デュエル フォム リーゼン シュテルン

ボクサーデイin加古川

 三連休は素晴らしいお天気に恵まれましたが、その中の9日(日)は、加古川まで西日本チャンピオン決定審査会を観戦&応援に出かけました。
新名神ができたお陰で2時間半、加古川バイパスが事故渋滞してなければ、2時間ちょっとで行けたと思います。
関西は近くなりました。
素晴らしいお天気で、加古川河川敷は日差しが暑い位でした。
ボクサーにとっては、もう少し気温が低い方がうれしかったです。
犬達は、みんなハーハーと舌を出して、ちょっと気の毒でした。
でも、ボクサー友達と久しぶりの再会は、とても楽しかったです。

グッシー君&キーパー君
グッシー君&キーパー君。
グッシー君はわたしの最愛のアルス君&レアちゃんの孫です。
大柄な牡犬らしいボクサー、子犬の頃はとってもおヤンチャでしたが随分落ち着きができました。
オーナーハンドラーで訓練に頑張っている成果です。
キーパー君はJKCの競技会で頑張っています。

ブルーメちゃん&キーパー君
うどんの国から駆けつけてくれたブルーメちゃん。
キーパー君とは久しぶりの再会です。
ブリちゃんの同胎姉妹でソックリさん、フレンドリーで明るい性格です。
フレンドリーなセレちゃんは、ブルーメ叔母さんに似たのだと思います。

モネちゃん
ブルーメちゃんの娘、モネちゃんです。
甘えん坊でパパさん大好き娘です。

アードル君
そして、花月さんにダッコされてる可愛い子犬はアードルちゃん。
いえいえ、アードル君は立派な成犬です。
家のカオ君セレちゃんとは従姉弟になります。
今では、ブルーメママから、ケンネルのリーダーの役目を引き継いでいるそうですが、幾つになっても無邪気な可愛さがリーゼンシュテルンの血統です。

午前は個体審査です。

シャリオ君
未成犬組にエントリーしたシャリオ君。
当日の審査はボクサー本部M審査員でした。
2009年日本チャンピオン(成犬牝組)イエッタちゃんのC胎になります。
B胎のベアトリスお姉ちゃんが応援に来ていました。

アレアちゃんとカオス君の娘も若いクラスで出陳していました。
他の子達の写真もいっぱい写ってるのに、写真がピンボケばかり、カメラマンのブリパパが久しぶりのデジイチ、犬達のスピードに合わせられなかったようです。(涙)

虎君
そして、先月二歳になったばかりの虎君の個体審査。
アバント君と我が家のセレちゃんの息子です。
一年前、M審査員に若犬クラスで審査していただき、大いに誉めていただきましたが、今回も「僕が想像してたとうりに成長しています。良いです!」と誉めていただきました。
わたしの先輩、関西ボクサークラブのベテラン会員Sさんにも久しぶりにお会いできて「虎をみたくて来ました。」「良い犬ですね!」と誉めていただき、とてもうれしかったです。
Sさん、ありがとう!
アバント君の後継犬との声も聞こえるそうな♪

ボクサー組はいつものように、タープを張ってピクニックテーブルを並べて、みんなでわいわい賑やかにランチタイムを楽しく過ごしました。

参考犬
午後からは、まず、参考犬の紹介。
チェコからの輸入犬チェ ゲバラが登場しました。
輸入はチェコからですが、血統的にはドイツ、それもわたしのレアと同じモンフェラート(イタリー)の血も濃いと所有者のSさんから伺い、レアちゃんを懐かしみながら見せていただきました。
会場には、ゲバラの子犬達も4頭来ていました。
フォーンとブリンドルです。

午後からは比較審査、リンクを回ります。
尾を立てて回る姿は、歩様も美しく、鶴岡一等訓練士が虎君に夢中なのも納得できます。

虎君

虎君

虎君
先月下旬に2歳になったばかり、ドイツボクサーのピークといわれる四〜五歳まで、どんな成長と充実をみせてくれるか楽しみでなりません。
頭部が充実し、筋肉が付いて背線が沈み、前胸部が発達し、胸深と巻きあげが対比しetcetc・・・ キャッ♪

成犬組になって初審査会、そして初チャンピオンガウン、竜馬パパさんもjunkoさんもニコニコと審査会を楽しんでおられました。

みなさん、お会いできてうれしくて楽しい一日でした。
またのチャンスを楽しみにしています。

ありがとう!

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM