真夏の口福

梅雨明け以来の猛暑で、何かさっぱりと口当たりの良い物が食べたいと「がれん」へ。

さっぱりとしたかつおだしの煮物、イチジクの白和えなどなど冷たい料理が美味しかったです。


鱧の梅肉和えの後は、活き車エビの天ぷら、鰻やクリームチーズ、夏野菜の天ぷら。

〆はとろろご飯、口福な真夏の夜でした。


プレート2店

ミシュランガイド東海版が発売され、三重県の二つ星に伊勢の「かみむら」が選ばれました。

もう20年以上前になりますが、お伊勢参りの後何気なくランチに立ち寄った店、マンションの1階で若いご夫妻がなさっていた懐石料理店が「かみむら」でした。

あまりの美味しさに、直ぐに夜のコースが食べたくなり、それ以来足しげく伊勢まで通いました。

春はタケノコ尽くし、冬はフグ尽くしもお願いし、おせちも何年もお願いしていました。

今の場所に立派な料亭が出来た時、見送りに出てくれた大将、女将が「お客様の建設会社の社長さんが強く勧めてくださってこんな立派なお店ができました。」と笑顔で語っておられたのを懐かしく思い出しました。

 

津には星の付いたお店はなくビブグルマン(価格以上の満足感が得られる料理)とプレート(ミシュランの基準を満たした料理)のお店が数店掲載されました。

プレート掲載2店にランチに行って来ました。

 

家から徒歩3分掛からない「迎旬 とうり」

大阪で修行をなさった寡黙なご主人とニコニコと愛想の良い女将、若いご夫妻でなさっています。


「ステーキなかお」、なかお牧場主が経営されているそうです。

ステーキハウスや鉄板焼のお店で牛の評価書を見せられたのは初めてです。(笑)

iPhoneImage.png

完全予約制です。

スタッフの数も多くとても丁寧な接客で、雰囲気も良く美味しくいただけました。

箸置きが金と銀の牛で可愛かったです。


宇宙戦艦ヤマト

友人宅を訪れると、イキナリ壁一面に宇宙戦艦ヤマト!

2013年に開催された松菱デパートの宇宙戦艦ヤマト展の大看板が6年かかってイスカンダルではなく友人家にたどり着いたようです。

壁一面に広がる青い大宇宙にジメジメした梅雨空も吹っ飛びそうな迫力でした。

かつて、着信音で宇宙戦艦ヤマトのテーマ曲を駅や電車の中だので耳にしましたよね。


来店した松本零士さんの直筆サインも入ってました。

 


スロージューサー

3代目のスロージューサーが届きました。

パナソニック、ティファールと続いて、新型が出ていたのでまたパナソニックにしました。


スロージュースはブリパパの血圧が上がってしまい、血圧降下剤を使わずに血圧を下げたいと作り始めました。

 

 

朝飲むのが一番効果的と聞きますが、朝は何かとバタバタと忙しいので、あまり時間には拘らず昼食時やお三時などに作っています。

ニンジン、レモン、リンゴを基本にして季節の野菜や果物などなどを入れています。

有機栽培された伊賀野菜は変な苦みや灰汁もなく、キャベツ、ケール、小松菜、ほうれん草、サラダ菜などなど重宝しています。

アマニ油をティースプーンに1杯加えて出来上がりです。

 

ブリパパの血圧は下がりましたが、もともと高くないわたしの血圧は変化ありません。

あと、ダイエット効果は確実にありました。

3か月くらい飲み続けている間に、二人とも体重が落ちていました。

わたしはハイカロリーな食事が好きで、お酒も制限していませんが、数キロ痩せ、そのまま維持しています。

 

iPhoneImage.png

明日は二人揃って甥達の誕生日です。

3歳違って、同じ6月18日生まれです。

15日(土)にブリパパががれんでお誕生日祝いをしてくれました。

12月のブリパパの誕生日と6月の甥達の誕生日は、がれんで祝う習慣ができました。

甥達のブリパパにお土産はいつも大好きなチョコレート、ゴディバが多かったのですが、今回はピエール マルコリーニ、大喜びしていました。

来月は一緒に温泉でお泊りしようと約束しました。

アルスも連れて行ってやります。

 


エクシブ鳥羽別邸

数年ぶりにエクシブ鳥羽に泊まりました。

別邸ができてから初めての宿泊、そんな訳で別邸初体験です。

別邸は、部屋に温泉が引いてあり、開放感のある浴室はオーシャンビューです。

エクシブ鳥羽には温泉好きを喜ばせるローマ公衆浴場をイメージさせるテルメゾンや、別邸の中にも和風の大浴場があります。

が、夜の海を眺めながら部屋の温泉で冷たいビールを飲む!にとどめを刺します。

陽が昇るを待ちながら、お湯に浸りながら空と海のあわひが赤に染まっていく様子を眺めるのも幸せな一刻です。



 

夕食は中華にしました。

前獲れの魚介前菜に続いてふかひれスープ、北京ダック、伊勢海老の炒め物、鮑の蒸し物、どれも美味しかったのですが、特に地元産の和牛とフォワグラのステーキが絶品でした。

お酒もすすみました。

伊勢志摩サミットでブレイクした作(ZAKU)のボトルを空けたあとは、紹興酒をロックで。

とても口福でした。


東京オフ

夏のような陽ざしの日チャンも無事終わり、津に帰る前に一泊短い東京オフ。
日本橋のマンダリンオリエンタルホテル、窓からはスカイタワーが見えます。

 

ゆったり落ち着いた部屋でした。

夕食は38階のイタリアンレストランでいただきましたが、素晴らしい夜景で美味しくビールが進みました。

iPhoneImage.png

 

翌日は浅草寺初体験、雷門も仲見世も見ました。

アルスとブリッのペアリングの成功、健康な子犬達が生まれる事をお願いしました。

ご朱印もいただきました。

 

お土産を買いに寄った三越本店、入り口のライオン像も他所より立派に黒光りしていました。

 

今朝、アルスを訓練所に迎えに行きました。

アルスに振り回された中先生は、昨日、筋肉痛に苦しめられたそうです。(笑)

昨年の8月以来の帰宅、早速一緒にお風呂に入りました。

暫くはノンビリしてもらいます。


一年ぶりの東京

4月20日の土曜日、1年ぶりに東京に出かけました。
poppi さんとも1年ぶりの再会です。
二人の共通の趣味はご朱印集め。
明治神宮へ。
めちゃ久しぶりの原宿、余りの変わりように初めての街のようでした。
明治神宮、大勢の人で賑わっていました。
ご朱印も長蛇の列でした。


それから新宿の花園神社へ。
こちらも番号札を渡されて、待ち時間がありました。

 

どちらの神社でも、お願いしたのはセレスの事。
ご機嫌良く過ごして欲しいです。


Sayaママさんと常滑

翌日は常滑にご案内しました。

長年使って艶がでてきた常滑焼の急須、お茶を注ごうとすると詰まってしまったので、網目を楊枝で突いたら、パリンと割れてしまいました。

とてもいい感じになってたので残念に思いましたが、新しい急須を買いに来ました。

和陶好きのSayaママさんもニースに持ち帰るのが欲しいとのことでご一緒しました。


お天気も良く、焼き物の散歩道を散策しました。

ウィークディで混雑していないのは良かったのですが、閉まっているお店が多くてちょっと寂しかったです。

土管坂、地面や両壁面に常滑焼土管が埋められています。

 

登り窯っていつみても魅かれます。

独特の形の煙突も見ごたえがありました。

 

お昼はSayaママさんの好物「おがわ」の鰻。

とても美味しかったそうで、次回はご飯を大盛にしたいとご希望でした(笑)

 

LINEのグループトーク、ビデオライブにして、リキさま、アードル、アプ、セレス共演でおしゃべりを楽しみましたが、アッと言う間に2時間近く経ち、ブリパパから「いつまで話してるの?」と呆れられました。

ボクサー大好きフラウヘン時間を合わせてのお楽しみ♪

同じ趣味の人たちでのおしゃべりは他愛なく面白く気持ちが弾みます。

 

セレスはホルモン異常の出血も止まり、おパンツ生活から解放されています。

良く食べ良く眠り良く歩いています。

この体調をできるだけ長く続かせるのが、わたしの仕事です。


オフの日ご飯

毎年、日々、朝昼晩のご飯を作り続けています。

料理は嫌いでないので、楽しんで作っていますが、自分一人だけのためにはあまり作りたくありません。

そんな訳で、ブリパパの食事がいらない日がわたしのオフ日です。

今日はブリパパがゴルフコンペ、わたしのオフの日ご飯は手抜きご飯です。

ジャンクフードやお弁当、お惣菜が大好きなわたし、都会の何が羨ましいと言って、充実したデパ地下です。

美味しい物がいっぱい並んでいるのを見るとテンションがあがります。

でも、津で唯一のデパ地下や秋にオープンしたショッピングモールも、都会のように豊富なお惣菜コーナーはありません。

最近良く行く竹屋は精肉店ですが、焼き肉店やレストランを経営しているので、お惣菜コーナーが充実しています。

作りたてを味わえるイートインコーナーはコーヒーのサービスもあるのですが、ビールを飲みたいわたしは持ち帰ります。

ミートソースパスタに、グリーンサラダ、サワーキャベツ、ローストビーフ、他人が作ったご飯は美味しいです。

iPhoneImage.png

 

22日にアルスが4歳の誕生日を迎えました。

牡犬3頭、牝犬5頭、兄弟姉妹8頭揃って4歳になりました。

今年の誕生日も訓練所で迎えさせてしまいましたが、帰宅したら祝ってやろうと思います。


バタバタと日は過ぎて

バタバタと日が過ぎてしまいました。

1月7月とヒートが来るセレス、1月下旬から始まりました。

3週間が過ぎましたが、まだ終わりません。

今回も4週間あるようです。

おパンツでも、食欲旺盛、良く食べ良く眠り、ブリパパに甘えています。


iPhoneImage.png

 

先月末に、夫婦で4年ぶりにPET-CTを受けました。

家系に癌のないブリパパは、心配していた動脈硬化や、膵臓等内臓をクリア、アルツハイマーも大丈夫でした。

わたしは、アルツハイマーと血管系の病気には絶対ならないと断言していただきましたし、内臓もクリアでした。

100までが正常値の内臓脂肪は46で半分以下と誉めていただきました。

やはり、遺伝子検査で要注意の胃癌、肺癌検査を定期的に受けるようにと勧められました。

できれば、ブリパパを見送り、甥達に見送って欲しいものです。

 

中部ボクサークラブUさんのアルダリッヒが亡くなりました。

11月のBBQでは、貫禄十分、とても元気にしていました。

カオスの息子で10歳、カオスそっくりで、Uさん自慢のお坊ちゃまでした。

「もう少し落ち着いてから、電話しようと思っていたけれど。孫にお祖父ちゃんまだ泣いてるの?と言われ、恥ずかしい。庭にビール持って出たけど、涙が止まらない。これは遠慮してる場合じゃないわ。」と電話がありました。

「会社の人やら知人に、お悔みやら慰めてもらっても全然うれしくない。だって、みんな犬が死んだと思ってるんだよ。犬を亡くしたんじゃない! わたしはボクサーを亡くしたんだよ!」

「わたしの気持ちを分かってもらえるのは。中部ボクサークラブの貴方やIさん達だけ。あなた達に聞いてもらえなければ、わたしの胸が張り裂けてしまう。」

 

Uさんはカオスが大好きで、和歌山でエランとカオスの子犬達が生まれたと聞き、私たちと一緒に見に行きました。

「覚えとる? 一緒に和歌山についてってもらった時のこと。」

「よく覚えてるよ。」

「アルダ見て、わたしが急に泣き出して、あなた達がビックリしてたじゃん。」

カオスそっくりの子犬、アルダリッヒを見た途端にUさんがポロポロと涙を流し始めました。

「嬉しい! カオスそっくり。 わたしの理想のボクサーがいる、この子に家に来てもらえるなんて、こんな幸せでいいだろうか!?」

 

Uさん家で家族みんなに可愛がられ、愛された一生は幸せでした。

でも、10歳は早すぎるよ、アルダ。


| 1/10PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM