そら豆尽くし

毎年、ボクサー友から沢山のそら豆をいただきます。

そら豆ご飯、塩ゆで、焼きそら豆、毎年美味しくいただきます。

今年はそら豆尽くしにしてみました。

 

そら豆ご飯、そら豆を塩ゆでして炊きあがったご飯に混ぜる方法と生のそら豆を

入れて炊く方法がありますが、今回は生のそら豆です。

酒、塩、出し昆布を入れて炊きました。

iPhoneImage.png

 

焼きそら豆、一番好きな食べ方です。

焼き立てを岩塩でいただきます。

 

そら豆と生ハムのマリネ、新玉ねぎ、セロリ、トマトです。

マリネ当日はサラダ感覚で、翌日はマリネ液にしっかり浸かって二通りの食感で

楽しめるので、いつもマリネは大きなサラダボールにいっぱい作ります。

 

そら豆のカニ玉。
iPhoneImage.png

そら豆の糠漬けはブリパパが作りました
ぬか床が良い塩梅になってきて、しっかり浸かっているのにシャキシャキ歯ごたえがあり、

美味しかったです。

 

そら豆と新ジャガイモの重ね焼き、千切りの新ジャガ、チーズを重ねて弱火で時間を

掛けて焼きます。

こんがりと焼き色がついたら出来上がりです。

そら豆を塩ゆでする以外の調味料は使いません。

 


一人ご飯の楽しみ

毎日、毎日、朝昼晩と食事を作り続けています。

これからも作り続けます。

ブリパパは家ご飯が大好きです。

自分一人では、絶対外に食べに行きません。

そんな訳で、旅行やちょっと出かける時も、必ず食事の用意を、留守にする食事の回数分

用意して出かけます。

わたしはジャンクフードやお弁当、デパ地下のお惣菜が大好きですが、ブリパパは

手作りご飯が一番好きです。

 

iPhoneImage.png

 

ブリパパが食事会やゴルフコンペでいない時、わたしの一人ご飯は大好きなジャンクフードや

お惣菜、弁当になります。

それと冷酒、伊勢志摩サミットでは何種類も三重の地酒がサービスされました。

三重には、伊勢神宮に奉納するご神酒の酒蔵が数多くあります。

伊勢志摩サミットで使われた地酒では、作(ザク)がブレイクしました。

海外にも輸出されています。

わたしは、色々飲み比べて、伊賀の小さな酒蔵が造る半蔵がとても美味しいと思いました。

最初は日本酒をグラスにいっぱい、それから焼酎やワインなどを時間を気にせずにダラダラ(笑)

あっ、アルコール依存症ではないですから。。。違うと思います。(汗)

 

一人ご飯はお気に入りのお酒と弁当や総菜。

人に作ってもらった物って、とても美味しいです。

ごくたまにしかありませんが、一人ご飯も幸せ。

 

iPhoneImage.png

 

こちらはベジタリアンな友人の完璧なマクロビご飯です。

先ほどラインで送られて来ました。

それぞれの夕ご飯です。


16日は

満室と聞いていたのですが、静かでゆっくり朝寝坊できました。

帝国ホテルのヘルシーブレックファーストです。

アサイーのヨーグルトも美味しくてお腹いっぱいになりました。

 

 

愛宕神社でご朱印もらいました。

見上げるとめまいがするような凄い急な石段ですが、エレベーターがありました。(笑)

どこかに出かける度に、ご朱印が増えるのはうれしいものです。

 

苺フェアのスィーツです。

モンブラン、マカロン、大福、タルト、生チョコホワイトリキュール、

サンドウィッチ、チョコがけ1粒あまおう、ジュレ、シャーベットとベリーソース、

小さなスィーツですが、数が多くて食べきれないほどのボリュームでした。

 



 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

セレスはわたしが帰宅するまで、ひたすら外を見つめて待ってくれていたそうです。

可愛いところがあります。

そして、今朝からヒートが始まりました。

もうすぐ12歳、そんなにキチンキチンと年2回なくても。(笑)


日チャン前日 4月14日

4月14日の土曜日、天気予報はなかなかシビアでしたが、埼玉に向かいました。

去年もお世話になった友人が迎えに来てくれました。

氷川神社にご朱印をいただきに。

 

 

この派手な鯛はおみくじです。




夕食は中華料理の古稀殿でした。


 

今夜中に雨が降って、明日は回復して欲しいと願っていましたが、なかなか雨は降ってきませんでした。


金剛證寺

翌日24日も素晴らしいお天気で暖かい日でした。

Sayaママさんもご朱印を集めています。
「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と、伊勢音頭にも謡われる金剛證寺。

伊勢志摩スカイライン、朝熊岳に建立されています。

 

朝熊山の山上なのに、風一つない暖かな日でした。

梅雨の時期には紫陽花寺で有名な古刹です。

iPhoneImage.png

 

本堂にお参りして、ご朱印もいただきました。

iPhoneImage.png

奥の院には何千本何万本と林立する卒塔婆の壁を通り抜けて行きます。

この独特の雰囲気、山岳信仰では、深い山の中に彼の世があり死者の霊魂が集うそうです。

御木本幸吉翁の墓石は、真珠の形をした円形でした。


山上展望台からは、美しい英虞湾が望めます。

冬の晴れた日は富士山まで見通せるそうです。


 

お昼はやはりSayaママさん絶賛、津のうなぎです。

Sayaママさんとブリパパはひつまぶし、わたしはうな丼です。

 

アッと言う間に夕刻、ホントに楽しく短い2日間でした。

また、秋には元気に帰国してください。


お楽しみ

夕食は、Sayaママさんお気に入りの「がれん」に。

美味しくて毎日でも行きたいお店だそうです。
当日の朝、がれんの大将から電話で「お昼はうなぎを食べないで下さい。脂の乗った天然鰻が入りました。」
はい。お昼はお蕎麦にしました。

 

黒鮑甲州煮はわたしの大好物ですが、それを雲丹とクリームチーズであえて。

17年物の桑名産蛤の潮汁はSayaママさんとブリパパが絶賛していました。

天然鰻の白焼はパリパリとしてこってり脂が乗って口福でした。

金目鯛の釜飯も「こんな美味しい釜飯、食べたことない!」とSayaママさんが

絶叫していました。




Sayaママさんからお土産にいただいた、ボクサー柄のポーチ、ゴブラン織りです。

いつも何かしらヨーロッパ系ボクサーグッズをくださるのが、凄くうれしいです。 

この表情! 今までいただいた物は総てお気に入りです。 ありがとう!



伊賀焼きや信楽の素朴な風合いが好きで、Sayaママさんと窯元に立ち寄るのが楽しみです。
ブリパパが気にいった岡崎勉さんの湯飲みです。

 

iPhoneImage.png

 

わたしの母はユニークな人で、生前、「今度産まれたらウミガメになりたい。千年二千年を掛けて

七つの海を泳ぎ渡りたい。」と言っていました。

母は生まれ変わって、悠々と独りぼっちで、大海原を泳いでいるでしょうか。

悠久の孤独に耐えられそうもない娘のことは、もう忘れてしまっているでしょうか。

一目見て、どうしても欲しくなった亀の絵付け、中大路優さんの器と箸置き、普段使いに買い良い

お値段で嬉しかったです。

ブリパパはえびの模様を選びました。

Sayaママさんが選んだ素敵なお皿や小鉢も画像を写させてもらえば良かったです。


 

 


どんど焼き

毎年、元日の初詣で今年の絵馬と交通守りをいただきます。

今年の絵馬は犬はりこです。


 

お伊勢さんと高山さんのお札は、年末に禰宜さんが届けてくださいます。

12月の寒い中を羽織袴で氏子宅を回られます。

そして、1月7日はどんど焼きです。

古札やしめ縄を焼いていただきます。

七草がゆも振舞われます。







食べる事と寝ることがなにより好きなセレスです。

お正月は大好きなお肉をブリッに負けることなく平らげて過ごしました。

人間でも、若いうちはBMI指数が22、歳をとったら小太りの25が良いと言われていますが、セレスも太目を誇りながら元気です。

健康診断でも心臓も大丈夫です。

歩く足取りもしっかりしています。

このまま、立派な体重で良く食べ眠ってご機嫌に過ごして欲しいです。

 


Xmas

今年も素敵なXmasカードをありがとう。

可愛いボクサーカードに、レアのシールやどん&子犬達のシールもいただきました。

もったいなくて使えないかも♪








来年のカレンダーも届きました。



アッツオ、トキ、ショウヘイ。
男前3ボクサーズです。







Riesen Stern Boxer 、ラインスタンプもカレンダーにしてくださいました。

こちらはスタンプを作ってくれた甥達にいただきました。

町内に今年オープンした「Michi」、若いご夫婦が頑張ってます。
お昼ご飯に行ったら、今日はXmasランチでした。



料理に合わせてセレクトしてもらったワイン、白も赤も美味しくて、お昼からしっかりグラスを重ねてしまいました。

いちぼの煮込みパスタと伊賀牛が美味しかったです。

焼き立てホカッチャも大好きです。






「がれん」がお店を始めた時もそうでしたが、「Michi」も若いご夫婦が力を合わせて頑張る姿はとても好感が持てます。
始めたばかりは、大変なことも多いですが、頑張って欲しいです。


Xmasのディナーは何処も混んでるからと、絶対お家ご飯のブリパパ。
お昼にしっかり満腹感だそうで、夜は軽くとのリクエストでした。

おかげさまでしっかり手抜き。
ドイツワインもオーボンヴュータンのコンフィチュールバンケもハングの但馬牛ビーフシチューパイ、シュトレーン、たねやのクリスマス限定パッケージバームクーヘン、イチゴまで、いただき物の夕食になりました。






 

iPhoneImage.png


あっと言う間に自分達のXmasディナーを食べてしまい、ワインで気持ち良く酔っ払うわたしをソファからチェックするセレスとブリッ。

揃って食欲旺盛、元気にしています。


今夜はおでん

アルスの面会のついでに、伊賀で無農薬野菜をいっぱい買って来たので、野菜を使ったお鍋が続きます。
昨夜は白菜と伊賀豚のミルフィーユ鍋。
今夜はおでん。
まず、下ごしらえをした大根、昆布、里芋、コンニャク、卵、焼きちくわ、牛スジをコトコト煮込みます。
土地柄、新鮮な牛スジが手に入るので、小さく切って串に刺したりしないで、大きくぶつ切りにして煮込みます。
大好きだけど、沢山入れると、どんなにアク取りしても出汁が濁るので、多過ぎる分は別鍋で煮ます。



ゆっくり煮込んだら、食べる40分前に湯通しした練り物を入れます。

 

iPhoneImage.png

 

明日は、原木シイタケやトマト、里芋を使った鍋の予定です。

我が家は暫くブリパパのリクエストで鍋料理が続きます。

 


誕生会

津にもイルミネーション点灯、点灯式もありました。
ブリッと朝の運動時間、5時頃にはまだ、点いて居ました。


慎ましやかなイルミネーションです(笑)

夜明け前の御殿場海岸には、渡り鳥の群れが。
冬の風物詩です。
季節ごとの風景は犬と歩く楽しみの一つです。



今日は、ブリパパの誕生日です。
過日、甥達とラインでグループトークしていて、「9日がブリパパの誕生日なのよ。」
「お祝いしたいね。」
「何でも持ってるから、気の利いたプレゼント探すのが大変だ。」
「ゴルフグッズがいいけど、貴方達はやらないからわからないよね。スィーツでいいよ。津まで来てくれる?」

「喜んで行くよ。」
「土曜日なら、大丈夫。参加します。」
翌日曜日は、私達はアルスの「中日本訓練チャンピオン決定競技会」があり、甥達もそれぞれ予定があったので、お昼に「がれん」を開けてとお願いしました。






美味しい美味しいと甥達も大感激の大満足。

甥達のプレゼントは、ゴディバの大きな箱。
この子達はゴディバしか知らないのかしら?



 

でもブリパパがとても嬉しそうにもらっていたので、よしとしましょう。
甥達二人が来ることがサプライズだったので、「おめでとう」「おめでとう」と言ってもらえたことが嬉しかったのかもしれません。

「来年の君たちの誕生日は僕が祝ってあげるよ」と言うほどご機嫌でした。


| 1/7PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM