10月末に子犬が生まれます

過日お伝えしました、中部ボクサークラブ所属犬、ビリーズとワンダ(コールネーム:セプ)の複数頭受胎が確認されました。

出産予定は10月下旬です。

HP Riesen Stern Boxer   子犬情報ページに両犬のペディグリーを掲載致しました。

どうぞ、ご覧下さい。

 

Sepu

 

ビリーズ

 

一生手放さないで可愛がって下さるお家に迎えて頂きたいと願っています。

どうぞ宜しくお願い致します。


バルとブリッツエン

5月5日生まれの子犬(もちろん、お父さんはビリー、お母さんはアリスです)を我が家に迎え、6月下旬から、1歳半の牡犬アルスと子犬に日々振り回され続けています。

夏バテと重なったのか、運動量は変わらなくても運動強度が上がったのか、5キロ体重が落ちました。

長いお付き合いの整体の先生に、毎週調整してもらいながら、何とかアルスの圧力に耐えています。

 

 

アヴァントズハイム犬舎のご厚意で、私たちに子犬の名前を付けさせていただきました。

バル家は家族会議でBall、歯切れ良い発音と呼びやすく親しみやすい名前に決められました。

ブリパパからは、ブリから離れなさいと言われたのですが、わたしはどうしてもブリから離れられず、Blitzen、愛称ブリッ(この小さなッが落としどころ)で折れ合いました。(笑)

暫く、家で2頭をお預かりできました。

 

Ball

 

Ball

 

Ball

グッドイーターのバルはとても聡明で、直ぐにトイレトレーニングも理解してくれましたし、名前を呼ばれたら飛んで来てくれました。

 

Blitzen


Blitzen

ブリは大らかで小さなことを気にしません。

たとえそれが、自分の名前であろうと、トイレトレーニングであろうと。(笑)

 

同胎犬

 

子守セレス

とても仲の良い同胎犬で、一緒に遊び一緒に食べ一緒に眠り、バルの出発の日まで楽しく過ごしました。

セレスがずっとお守りをしてくれました。

 

バル家には早速どんちゃんママさんが遊びに行ったそうです。

とても大切にされ、元気にしているそうです。

 

 


子犬の誕生

GWはちょっと忙しくご報告が遅れました。
5月5日、子供の日に子犬達が誕生しました。
牡2頭牝2頭誕生しました。

牝はブリンドルが生まれましたので、とてもうれしく家に迎えます。
自然淘汰の1週間を無事乗り切れますように。
願いを叶えて下さった氏神様の高山さん、京都のすずむし寺のお地蔵さまありがとうございます。
イタリーから来てくれたレアはブリンドルでした。
レアの直系の娘たちは、
2代目 A胎 アストリート、アルマ、アンリ、アプリーレもブリンドル
    B胎 ブルーメライン、ブリーゼレアもブリンドル
3代目    ツェーレスレアはフォーン
4代目    ディステルはフォーン
5代目    アリーセはフォーン
そして、6代目はブリンドル、私たちが望んでいたレアの毛色への原点回帰です。
子犬をお譲りした方たちの厚い友情で、私たちは再びこの血統を迎えることができます。
とても嬉しく感謝しています。

毛色はフォーン好みの方、ブリンドル好みの方とおられます。
どちらも違った魅力があります。
両方の毛色を楽しめるのは、ボクサー飼いの醍醐味だと思っています。

それぞれの子犬が個別にお話し中です。
飼い主さん募集は、その結果になると思います。
その時はどうぞ宜しくお願いします。

受胎確認できました

ビリーズ

アリーセ

ビリーズとアリーセの受胎が確認できました。
5月上旬に子犬たちが産まれます。
2頭のペディグリーをHPリーゼンシュテルンボクサーに掲載しました。
子犬情報ページをご覧ください。
健康で可愛い子犬達の誕生、ぜひ、わたしも一緒に暮らしたいと思います。
一生手放さずに、お手元で可愛がっていただける飼い主さん募集中です。
子犬情報ページに電話番号、メールアドレスを掲載しています。
ご予約、お問い合わせをお待ちしています。

乙女

乙女
こちらは乙女と妹ちゃん。
一瞬、乙女に乗られて押しつぶされそうになった妹ちゃんが泣いているのかと思いました。
いえいえ、違うのです。
乙女は全体重を前足1本で支えて、体を浮かしているそうです。
妹ちゃんが泣くと、一切、重さを妹に掛けないように自分の体を支え、妹の顔の前でユックリ尻尾を動かすそうです。
やがて、妹ちゃんが尻尾を手でつかんで遊びはじめ、泣き止むそうです。
ご家族は、最初、乙女が何をしてるか分からなかったそうですが、泣き始めると乙女が飛んで来て、暫くすると泣き止むのを何度も見て、乙女が尻尾を上手に使っているのに気づいたそうです。
教えた訳でもないのに、「凄い! 乙女は素晴らしいベビーシッターです。」と胸を張っておっしゃいました。
誰から教えられたわけでもないのに、当たり前のように妹のお守りをするお姉ちゃん。
ホントにボクサーって素晴らしい。
そしてボクサーを当たり前のように、家族の一員として扱って下さる乙女家に感謝です。

どんの子犬達

2月22日生まれ、どんちゃんの子犬達は全員に迎えて下さるお家が決まりました。
8頭の出産、死産も自然淘汰も無く、断尾も乗り越えて全頭が元気に成長しました。

子犬達を一生手放さずに可愛がって下さる飼い主さん探しに、大勢のボクサー友達のお力をお借りしました。
リーゼンシュテルンの血統を応援して下さる方々のお力添えを心から感謝しております。

仲良くお団子のように固まっていた子犬達も順番に、新しい家族の元に出発しています。

どんちゃんパピーズ

そして、お手元で育てて下さる決心をして下さったビアンカさんご夫妻。
アンバートはご夫妻の愛情を一身に受けて、ビアンカのように、立派なフライングアンバートに成長するのでしょうか。
初めての牡犬、陽気で単純、お人よしのボクサー牡犬の魅力を堪能して下さい。

ブルーメ家に迎えられたアプリコーズ、愛称アプちゃん。
アプリーコーズv.シュロス ブルーメン、ブルーメ城の梅花。
アードルやモネに可愛がられて、広い芝生の庭を走り回っているようです。
GWに再会を楽しみにしています。

アマルダを迎えて下さったかまちゃん。
リーゼンシュテルンボクサーのHPが一番好きだとおっしゃって、そこから迎えたいと伺い、とてもうれしかったです。
久しぶりに子犬と暮らすのがとてもうれしいと、アマルダのブログ準備中とか、アップを凄く楽しみにしています。

萌ちゃんママさんのお友達家に迎えられたアレは岐阜で暮らし始めました。
叔母の萌ちゃんと直ぐ近くなので、早速遊びに行ったそうで、萌ちゃんも大歓迎だったとか。
息子さんが、一目でアレを気にいって「可愛い 可愛い」と、夜は息子さんの布団に潜り込んで来る甘えん坊です。

西日本にはお客さん達に信頼されているPDを代表する訓練士さん達がいます。
今回は、訓練士さん達にも大変お世話になりました。

S訓練士さんは、Sさんを信頼し、代々Sさんが勧める子犬を飼育なさっている方に「今度はボクサーはどうですか。」と、快諾され、ご一緒にいらして下さいました。
アディーを選んで下さいました。ありがとう。

K訓練士さんは、アリツママさんに電話「ボクサー犬の子犬が産まれました。」「もしかして、どんちゃんの子!?」「えっ!」とKさんの方がビックリしたとか。
大変可愛がっていたボクサーの女の子を亡くされてから、ずっとリーゼン シュテルン ボクサーのHPをご覧下さっていたそうです。
広島ちゃんやどんちゃんの画像を、ご自分のケイタイに保存なさって下さってたそうで、それを見せていただいたどんちゃんママさんが大感激でした。

Y訓練士さんは、自分が迎えたいと、訓練所ではなく、自宅でペットとして可愛がると言って下さいました。
順番に決まってしまい、結局お渡しする子犬がいなかったのですが、お気持ちはとてもうれしかったです。

そして我が家にもアルスを迎えました。
アルスラーンは、わたしが初めて迎えたボクサー牡犬と同じ名前です。
現在左目を損傷して南動物病院通院中の11歳高齢ブリー、脳腫瘍に侵されやはり南動物病院通院中の8歳カオス、8歳のセレス、久しぶりの4頭飼いで至れり尽くせりにはできないけど、物怖じしない性格でカオセレと仲良くしてくれています。

そして、アシュリーは、他にもお話があったのですが、どうしても1頭は手元に残したいと、どんちゃんママさんが切望されました。
どんちゃんと一緒に暮らします。

アンバート、アレ、アルス。
アリツ、アマルダ、アプリコーズ、アディー、アシュリー。
彼らの一生が健やかで幸せであることを切に願います。

本当にありがとうございました。


 

お誕生日おめでとう

昨年4月3日生まれの子犬達も、元気に一歳のお誕生日を迎えました。
おめでとう!

マハロ
マハロはお花見をして、お誕生日プレゼントはピーピーボール、大喜びしたけど、鳴らなくなるまで30分も掛からなかったとか。
マハロママさん、ちょっとガッカリ(笑)

マハロ

マハロ
夜のお祝いご飯は、マハロママさんお手製、蒸かしたお芋を牛乳で練って、1の形に作ったもの。
大好きないちご、大喜びであっと言う間に食べちゃったとか。
写真撮影の間、「マテ」が出来てるのは立派。

乙女
乙女ちゃんは、お散歩嫌いお家大好きなボクサーに成長したそうです。

乙女
相変わらず、甘えん坊のだっこ好き。
福助君やぱぐ雄じいさんが、だっこされてると、必ず「わたしも〜〜」

乙女
ライバルは福助君。
心臓の悪いぱぐ雄じいさんをは、絶対からかったりしないそうです。

アドラーは自転車運動が大好き、関西ボクサークラブの訓練会で頑張っているそうです。

アリスは山口県の訓練所で寄宿生活中です。

カオスは、検査の結果、フェノバールの全置換は断念しました。
暫く、フェノバールとコンセーブの併用で様子を見ます。
最近、わたしはカオスはデータと関係ない世界で生きていると思うようになりました。
数値関係なく、良く食べ、良く眠り、良く歩いています。
600日以上、大量の薬を飲んでいるにも拘らず、嘔吐も下痢もしません。
けいれん発作も起こしません。

今日、ブリが訓練所へ行き、セレスが帰宅しました。
土曜日には、どんちゃんママさんがアルスを届けて下さいます。
1ヵ月、カオス、セレス、アルスで暮らします。
GW明けにブリを迎えて来ます。
そして、アルスが訓練所で寄宿生活を始めるまで、4頭体制で乗り切ろうと思います。
がんばれっ 引きこもりのわたし。
 

ボクサー犬子犬 生後40日

どんちゃんの子犬達も生後40日、顔貌もハッキリしてきました。
派手派手しいホワイトマークこそありませんが、ヨーロッパ系ボクサーらしいブラックマスクと端正な顔貌は魅力に溢れています。

addie
Addieはとても顔立ちがハッキリしてきました。
バランスの良いきれいな顔に成長しています。

ashley
Ashleyはベビーフェイスです。
保護してあげたくなるような可愛らしさを感じます。

alitz
Alitzは顔幅も充分、口角が広く下顎もしっかりしています。
バランスの絶妙さを感じます。

ambert
Ambertは審査会的なひし形の目、ストップ明確で、顔幅と下顎の広さ、端整です。
食欲も旺盛で、兄弟姉妹で遊ぶのが大好き。

are
Areは男の子っぽい顔貌と体格に恵まれています。
いっぱい食べて、でも甘えん坊だそうです。

子犬達は生後45日、4月8日にマイクロチップの施術をします。
とても順調に成長しています。
可愛がって下さる飼い主さん募集中です。

ブリーが高齢、カオスが脳腫瘍ということもあり、暫く子犬は迎えないつもりでいましたが、1頭牡犬がキャンセルになってしまいました。
それを聞いたブリパパが「家に迎えよう。」
我が家にもどんちゃんの子犬を迎えます。
来週にはブリが訓練所(山に囲まれた5600坪の敷地)に避暑に行き、セレスが戻って来ます。
子犬大好きカオセレが喜んでくれるでしょうか。
またまた、久しぶりの4頭体制、頑張る引きこもりのわたし。
 

ボクサー犬子犬 生後4週間

どんちゃんの子犬達も生後4週間を迎えました。
トイレトレーニングも順調で、トイレシートを全員が認識しています。

男の子から
この子はAre,男の子ぽいです。
骨量が多く、体格も立派です。
アレ

アレ

アレ
Ambert
端整な顔をしています。
アンバート

アンバート
アンバート

女の子は
Addieは優しい雰囲気でおっとりさんです。
Addie

Addie

Addie

Alitzは顔幅があって下顎もシッカリとしています。
ストップも明確です。
Alitz

Alitz

Alitz

Ashleyはベビーフェイスです。
Ashley

Ashley

Ashley

8頭揃って元気に成長しています。
一生手放さずに可愛がって下さるお家に迎えて下さい。

ボクサー犬子犬見学ミニオフ

カオスが脳腫瘍に侵されて以来、カオスと引きこもっていますが、昨日は久しぶりに近鉄特急、新幹線と乗り継いでどんちゃん家に子犬達に会いに行きました。
8人ものボクサー大好きが押しかけて、大変だったと思いますが、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

柵越え
子犬達はみんな順調に発育中で、柵越えのチャレンジャー揃いでした。
トイレも全員が失敗することなく、トイレで済ませていました。
生後4週間とは思えません。

どんちゃん
とてもフレンドリーなどんちゃんは、子育ての疲れも見せず、みんなを大歓迎してくれました。
子犬のお世話にお客様の接待、どんちゃんありがとう。
りんちゃん、シロッぷさん、今度は奈良のオフ会で宜しく♪

お昼はステーキハウス。
ステーキハウスZEN
前菜から始まって、焼き野菜、魚介類、しゃぶしゃぶ肉、ステーキ肉と品数も多く、パフォーマンスも楽しく美味しいお店でした。
ステーキハウスZEN

シナモンに久しぶりに会えました。
うれしかったです。
ボクサー犬のピーク5歳、とても立派になっていました。
シナモン

でも、としさんに甘える姿は、子犬のように無邪気な表情です。
シナモン
としさん、よちさん、シナモンに会わせてくれてありがとう。
ロングドライブお疲れさまでした。
また、機会を作って下さい。

モネ 今年もいっぱい会いたい。
5月も遊びに来てくれるのを待ってるからね。
モネ

アードルは7歳と思えない若々しさ。
ハンサムボーイ振りは、ちっとも変りません。
アードル

寿命10年といわれるボクサー犬を愛して、共に暮らして、見送るのはとても辛いです。
昨年の11月からこの3月まで、愛する子達を見送り続けています。
それでも、この犬種がボクサー犬が好きでたまりません。

ボクサー犬子犬 生後25日

どんちゃんの子犬達は、どの子も元気に生後25日を迎えました。
みんな下顎がシッカリとして、立派な頭部をしています。
目も開き、顔もスッキリして来ました。
どんちゃんママさん「みんなもっともっと可愛いのに、なぜ実物のように写らないのでしょう!?」
写真映りが悪いのか、カメラマンの腕が悪いのか(笑)
トイレトレーニングも始めたそうです。

女の子から 
Ashley
ashley
Anna
anna
Amalda
amalda
Aliz
aliz
Addie
addie
男の子は
Ambert
ambert
Armino
armino
Are
are

22日に写真をいっぱい写して来ます。
どうか家族の一員として迎え、一生可愛がってやって下さい。
飼い主さん募集中です。

| 1/8PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM