キャス

キャスはビリーズとアリスちゃんの息子です。

バルやブリッの弟です。

現在、ダイドードッグスクールで預託訓練中です。

5月19日に国立公園大山・大山スポーツ公園で開催された「山陰訓練王座決定競技会」の大道先生と来ていました。



iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png


 

尾をピンと立てて、誰にも愛嬌いっぱいフレンドリーな姿に会場の人気者だったそうです。



しっかりお勉強がんばれっ!

全日本服従訓練競技会デビュー待ってるよ。
iPhoneImage.png


アルスと夜明けの海

午前3時過ぎに目覚めたセレスが徘徊を始めました。

温めたミルクを飲ませてなだめて、またスヤスヤと眠り始めたのが4時頃のことでした。

今日は雨予想だったけれど、まだ降り始めていなかったので、アルスを連れて海岸まで出かけました。

我慢させてることが多いので、こんな悪天候の早朝は誰もいないだろうと、海独り占めで走らせてやりたいと思いました。





海に浮かぶブイを見つけて大喜びしました。

ボール大好きアルス、満潮の海にザブザブ、ほんとうに楽しそうに遊びました。

 

ところでアルス、子犬の頃は海が怖かったんじゃなかったっけ?

絶対入ろうとしなかったよね(笑)

いつから平気になったんだい。


今朝も良くできました

お天気の良い日は、陽ざしの柔らかな朝に庭や砂場に出してやります。

今朝も食後は、庭で日向ぼっこをしていました。


 

もぞもぞ始めたと思ったら、立ち上がりました。

 

ブリパパがタオルで腰を吊ってやります。

庭をウロウロ。

 

アルスも必ず参加してセレスの周りをウロウロします。

機嫌の悪い時は叱り飛ばしますが、今朝は機嫌よくアルスを舐めてやりました。

そして、大きさも硬さも申し分ない「大」を排せつしました。

今朝も良くできました。

 

オシッコは教えてくれる時と、メンドウなのかそのまましてしまう時がありますが、大きい方は教えてくれます。

必ず午前中にしますし、立ち上がりますので、直ぐに外に出してやります。

食事は消化の良い物、繊維の豊富な物を与えています。

便秘にも下痢にもなっていません。

 

不自由な足ですが、13歳近い年齢なので体に負担をかける治療は逆効果だと伺い、マッサージと毎朝外に出して、セレスが立ち上がった時は補助して歩かせるようにしています。

ブリパパはバスタオルで吊ってやるのがとても上手になっています。

安定した状態が続いています。

鎮痛剤も睡眠導入剤も必要としていません。

食欲も衰えていませんので、まだステロイドも投与していません。

美味しい物を食べる時は尾を振ります。

体に不自由はありますが、それなりに機嫌よく過ごしてくれています。


セレスが立った

クララが立った     ではなくて。


 

シーツの汚れにシビアなセレス、汚れるとベッドから降りて交換を要求していましたが、この数日は汚れなくても頻繁にベッドから降りて部屋中をハイハイしていました。

昨日のことです。

何度ベッドに戻しても降りて来るので、もしかして外に行きたいのでは?

家の中ばかりで飽きたのかしら?と砂場に出しました。


 

セレスが立った 様子を見ていたわたしの方にトコトコ歩いて来ました。

直ぐに座り込むのですが、また立って歩きました。

休んでは立ち、立って歩いたら座って休むを繰り返しました。


 

さわやかな五月晴れの日差しを浴びて、2時間程外に居ました。

用事もあってずっと付き添っていられなかったので、わたしが出たり入ったりする間、アルスにお願いしました。

ボールやオモチャをいそいそとセレスに運びます。

全部拒絶されてもメゲません。

邪魔にならないように気を遣いながらも、セレスの近くに居ます。

野良猫やカラス除けに頼りになるお役立ちのアルスです。

 

もしかして、また歩けるようになればいいなぁ。


kind の血統

セレスの足が不自由になってから、アルスが側を離れません。

いつもセレスの近くで見守っています。


 

かつてブリーの徘徊が始まった時、砂場をグルグル回るブリーを見守り、疲れたブリーのお尻が地面に落ちると横に座りブリーの体を支えていたセレス。

ブリーが眠り始めると、側で見守り続けました。

そして今は、アルスがかつてセレスがしたことを誰に教えられた訳でもないのに繰り返しています。

レアから始まったkindの血統を思わずにはいられません。

アルスは積極的です。

見てるだけでは飽き足らないのか、時々ベッドに上がり、添い寝をしたり舐めてやります。

ウンザリすると、セレスは容赦なくアルスを叱り飛ばし、アルスは飛び逃げます。

叱られたアルスはおずおずとちょっと離れた所に待機、少し、また少しと距離を詰めます。

iPhoneImage.png
iPhoneImage.png

 

この時期にアルスが家に居ることを、カオスの配材だと思わずにはいられません。

カオス 安心して。

迎えに来てくれるまで、孫のアルスがずっと側に居てくれるよ。
 


セレスのこと


セレスはGWの頃から、食事の時にときどき後ろ足が前足の方に滑るようになりました。

あれ?後肢が弱って来たかしら?とも感じたのですが、ブリパパを引っ張って歩くと聞き、半信半疑で様子を見ていました。

食事中に限り、後ろ足が滑ってしまうことが頻繁に起こり始め、ある時、食べ終わると同時にペタンとしりもちをついてしまいました。

「セレス どうした?」と助け起こしたのですが、全然、後ろ足に力が入らなくなってしまっていました。

ベッドに寝かせたのですが、自分で自分の状態が理解できず暴れてしまいます。

何度も何度もベッドに戻す、暴れて転がり落ちるを繰り返しました。

余りに辛そうなので、軽い睡眠導入剤を使いました。

こんこんと一晩眠り、翌朝には元気に目覚めました。

 

再び目覚めてからはテンションも安定していますし、ブリパパやわたしに甘え、アルスを叱り飛ばします。

前足を使って上手にハイハイします。

排せつの汚れにとてもシビアです。

お産の時を思い出しました。

子犬達が排せつでシーツを汚すと、器用に両足を使ってシーツを丸め、産箱の隅に転がして、新しいシーツを敷くようにわたしを呼びました。

ある時、あまり汚れてなかったので、裏返して敷くと、セレスが激怒して、目にも止まらない速さでシーツを丸め、後ろ足でわたしに蹴り飛ばしました。

「すいません すいません」と慌てて新しいシーツに代えました。

今も排せつで汚れると、前足で這ってベッドから降り、新しいのに代えるように要求します。

毎日、出産のとき同様、10数枚のシーツやバスタオルを洗っています。

お天気が良くてホッ。

 

食欲旺盛ですが、寝たまま食器から食べるは難しく、消化が良い物を手で食べさせています。

水分は、水、ミルク、ポカリスエットをシリンジで与えますが、舌を巻きつけてこぼさず飲んでくれます。

時間が無い時は日に5〜6回、時間がある時は10回くらいに分けて、離乳食の要領であげています。

 

心配したような脾臓の悪化ではなく、高齢による足の衰えのようです。

ブリパパが「良く食べるな!」と驚くほどの食欲をみせています。

カオスが迎えに来る時まで、心をこめて世話をします。


アルス4歳

日チャンでは、あんなに凛々しく頑張ったアルス。

3頭揃ってV評価の記念写真です。

審査会チャレンジは一段落、これからは競技会です。

 

9か月ぶりにリフレッシュ帰宅しましたが、二人の世界をつくるブリパパとセレスにやきもち焼いて「ぼくもいれて!いれて!」とアピールもむなしくたそがれています。

わたしがソファに座ったら、この甘えん坊ぶり。

大きな体で、4歳にもなって(笑)。。。無邪気で可愛いと思う親ばかです。



 

「この甘えで、よく訓練所で頑張ってるなぁ!?」とブリパパが感心しています。

家ではいっぱい甘えてリフレッシュしたら、また頑張ろう。




 

ブリッはなかなか賢くて、中先生が「楽しいです。」と服従訓練を頑張っています。


すみれ4歳

虎&どんの子供たち、北海道で暮らすすみれも4歳になりました。

久しぶりの画像にびっくり! 

想像以上に立派になっています。

素晴らしい充実ぶりを見せてもらえて嬉しいです。



立派な頭部とボディですが、まだまだ甘えん坊、オモチャが大好きで、お家ではパパやママにダッコをせがみ、公園では大ハシャギするそうです。

 

ご近所に住む、すみれ専属画伯も腕を上げられたようです。

すみれの表情がなんとも言えません。


パパ大好き^_^

マイペースなセレスは、わたしに対してはますます要求がシビアに、最愛のブリパパに対しては甘えん坊に拍車が掛かってます。

ソファで眠る時もパパの膝を枕にして「重い重い。」と言われています。

「重い」と言いながら、決してセレスを拒否しません。

アルスが自分もと参加しようとすると、ブリパパとセレスから「来るな」と冷たく拒否されています。(笑)

 

わたしがソファに座ると、膝に飛び乗って来て「痛い!」とわたしに悲鳴を上げさせていますが、わたしがソファに座ることはほとんどなく、独りぼっちでソファーに座るロンリーアルス状態です。

ごめんねぇ、主婦は忙しいのよ。(笑)
iPhoneImage.png


表彰状

日本警察犬協会から、セレスの高齢犬表彰状が届きました。

アルスやブリッも是非是非あやかれますように!

 

セレスは安定した状態が続いています。

不正出血も止まっています。

朝夕のご飯だけでなく、オヤツもねだりに来ます。

ブリパパとの散歩も先に立って歩き、時々引っ張るくらい元気だそうです。

でも、以前に比べ、ソファでウトウトする時間がずいぶん増えました。

体力温存を本能的に図っているように感じます。


 

セレスのご機嫌な日々を1日でも長く続けてやれるように、引きこもりの付き添いやっています。

痛くないように、苦しくないように、寂しくないように、カオスが迎えに来てくれるまで心を込めて世話をします。


| 1/53PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM