BBQビンゴ

11月11日に開催される中部ボクサークラブBBQ、ビンゴ大会やります。

ビンゴプレゼント交換に、1人1個500円くらいのプレゼントをご用意お願いします。

家族2人なら2個、3人なら3個お願いします。

人間用、犬用、なんでもOKです。

宜しくお願いします。

晴れますように!


Saya ママさんと信楽

二日目もお天気に恵まれました。

早起きして、4時からアルスの運動にもお付き合いいただきました。

 

今日は信楽へ。

Sayaママさんとわたしの趣味は、ボクサー、ご朱印、和陶器です。

登り窯のあるカフェOgama、ギャラリーも併設されてとてもおしゃれな雰囲気です。

iPhoneImage.png

 

陶ギャラリーほうざん、谷井芳山さんの谷寛窯、シックなギャラリーの魅力にSayaママさんもわたしも魅せられてしまいました。

美味しいお茶をいただきながら、古窯の話を楽しく伺いました。

ギャラリーの隅々までセンスの素晴らしさが感じられ、思わず長居をさせていただきました。

「凄く楽しかった!素晴らしい所に連れて来てくれてありがとう!」とSayaママさんも大喜びしてくれました。

 

ブリパパとわたしが、一目で気に入ってしまった焼き締めの湯飲みです。

持った瞬間から手に馴染み、飲み口の厚みが絶妙、今日からお茶をとても美味しくいただけます。

 

とても楽しい二日間でした。


Saya ママさんとご朱印

春と秋に帰国なさるSayaママさん、今回の帰国でもお泊りで遊びに来てくれました。

暑いくらいの好天で、ご朱印をいただきに高田山専修寺に。

如来堂と御影堂が国宝に指定されています。

ウィークディで人も少なく、広い境内をゆっくり散策しながら、お内陣を拝観しました。

 

iPhoneImage.png
 

藤堂家と縁が深い曹洞禅宗四天王寺、ご朱印を書いていただく間、本堂でお茶とお菓子の接待をいただいて、Sayaママさんが感激していました。


そして我が家の犬達の熱烈大歓迎!

Sayaママさんから、彼女のレイラが繁殖した時、「女の子を1頭迎えてくれませんか?帰国するとき連れ帰ります。入国まですべてわたしが責任を持ってやりますので、関空にお迎えに来てください。」とお話いただいたのですが、わたしはブリッを迎えてレアの血統をつなぐことしか考えられず、お気持ちに応えられませんでした。

今回も色々お話しました。

彼女の夢は、彼女の血統の子を日本で開花させること。

次回は、自分ではお引き受けできなくても、繁殖して下さる方に信頼できる方にお願いしようと、彼女の夢を実現させるお手伝いをしようと思いました。

 

夜は「がれん」で松茸、白子、筋子等々日本の味覚を楽しみながら、家の子自慢をいっぱいしました。


乙女ちゃんのこと 2

iPhoneImage.png

「今の乙女です」と送られてきました。

写した方の思いが鏡のように、乙女ちゃんの瞳に映っているように思えてなりませんでした。

 

予定通り9月17日に迎えに行きました。

カマロさんが同行してくれました。

カマロさんが乙女ちゃんのリードを引いて離れた間に、前のご家族が車で走り去りました。

犬がエンジン音を聞き分けられないはずもなく、一歩前に出たそうですが、その一歩で踏みとどまったそうです。

「忘れることはできませんが大切な出会い、思い出として残しておきたいです。」

奥さんから乙女ちゃんへの決別の言葉でした。

リードを持っていたカマロさんは、一歩だけで踏みとどまった姿に、この子は覚悟していた、とはっきり感じたそうです。

4歳5ヶ月の子が家族を追いかけてはいけないと思い定めた気持ちをどう表現すればよいのでしょう。

最初は抵抗するだろう、車には抱えて乗せなくてはいけないだろうと思っていたのですが、ドアを開けたら自分から乗りました。

覚悟のほどが察せられます。

素直でありながら強い自制心を持つ、会ったら誰でも好きにならないではいられない、こんな可愛くて素晴らしい娘に育ててくださってありがとう。

 

乙女

乙女

乙女

 

突然、アストリートママさんから「乙女ちゃんを見に行く。」と電話をいただきました。

「萌ちゃんの娘、乙女ちゃんが大変なことになってる。」と萌ちゃんママさんから電話があったそうです。

皆で萌えちゃん家に遊びに来てくれた時、子供さん達も良い子達で、こんな賑やかで楽しい大家族に迎えられて乙女は幸せだと思っていたのに、と萌ちゃんママさんは大変心配されていたとか。

「図々しいのを承知でお願いします。誰より貴女が一番安心なのよ!」と必死の迫力だったそうです。

リーゼンシュテルン血統の子達は何かあっても、誠心誠意協力してくださる方達に恵まれて、ホントに幸せです。

 

かつて、アストリートママさんに迎えていただいた、リーゼンシュテルンボクサー、A胎、オリンピックチャンピオン、アストリートはいつもお手入れピカピカで美貌、病気知らずの娘でした。

夏は鳥羽のワンワンパラダイスのプールで泳ぎ、冬は高山の貸し切り温泉で一緒に湯あみ、いつでも何処でもママさんと一緒でした。

もうすぐ13歳を迎える直前に、庭のベンチで日向ぼっこをしながら昼寝中、そのまま夢の中に逝ってしまいました。

その後、何度か子犬をお勧めしたのですが、「貴女が繁殖したらもらうけど、他の人のはいらない。」と、ボクサーを迎えないまま8歳の牡ビション、レオと暮らしておられます。

 

一番心配していたフィラリア検査も陰性で、お薬を出していただきました。

同時に狂犬病のワクチン接種、間をあけて混合ワクチンの追加接種も済ませました。

 

乙女ちゃんは、アストリートママさんに出会った瞬間から彼女しか見なくなりました。

乙女ちゃんがアストリートママさんを選んだ瞬間でした。

「この子、わたしばかり見てる!」アストリートママさんが選ばれたことを自覚した瞬間でした。

その場で、アストリートママさんが新しい名前を付けました。

お散歩嫌いのはずの乙女ちゃんが、毎晩、アストリートママさん、レオと一緒に2時間歩いているそうです。

物持ちだったアストリートのオモチャや洋服、捨てても捨てても残っていたオモチャで遊び、洋服でファッションショーをさせられているようです。(笑)

これで、乙女ちゃんについての話はお終いです。

次回からは、アストリートママさん家の大切な娘、「クレア」の話になります。

 

応援してくださった皆さん、ありがとう!


カマロさん大好き

カマロさん大好き!と聞こえて来そうな熱烈歓迎ぶりです。

アルスは3歳になったというのに相変わらずの甘えん坊です。

家の犬達は全員カマロさんが大好きです。

唯一の親友がカマロさんだったブリ、子供のセレスもひ孫のアルスもDNAでしょうか?

カマロさんが来てくれると大張り切りで喜びます。



 

セレスも負けていません。

アルスを押しのけてカマロさんに甘えます。

気の毒にカマロさんは全身ヨダレまみれにされてしまいました。

iPhoneImage.png

 

来週は帰国したSayaママさんが遊びに来てくれます。

さぞかし、セレスとアルスが張り切ることでしょう。

そして、今月末にはアルスとブリッをチェンジします。

12月に開催される中日本訓練チャンピオン決定競技会を目指して、アルスは訓練を再開します。

アルス頑張れっ!


| 1/169PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM