12歳の誕生日

昨日、7月18日、セレスが12歳の誕生日を迎えました。

随分白くなりましたが、食欲旺盛、良く眠り食べています。

獣医の健康診断も、ちょっと体重が多いねと言われますが、あとは問題無しです。

足腰も強くて階段を駆け上がり駆け下りるのを見ていると、歳を取ったら癌と闘う体力を保つため、ある程度太っている方が良いとききますが、セレスを見ていて、人も犬も同じだと思うようになりました。

 

アルスにはブリッに対するより優しいです。

猛暑の夏、エアコンの効きが良いテラコッタの上がお気に入り、体が冷えたら、ソファに上がります。

iPhoneImage.png


お誕生日は松阪肉でお祝いします。

いつもは一緒に白煮する野菜ですが、サイエンスダイエットの肉缶、赤米ご飯、オリーブオイルで炒めたマイタケ、ニンジン、キャベツと重ねて、一番上がお肉、6層のミルフィーユ仕立てにしてみました。


ブリパパが量が多すぎると心配したのですが、セレスはペロリと完食してくれました。


自分の誕生日は訓練所で迎えているアルスですが、セレスのお相伴をしました。

こちらもアッと言う間に完食です。

 

アルスの1か月半の夏休みも終わります。

と言うより中断かな。

ブリツとのチェンジは1ヶ月ほど、中先生がブリッの服従訓練が良い感じなので、ブリッが8月夏休みを家で過ごしたら、「ヒートが来るまで訓練所で預かります。」とのことです。


ビリーズとアリーセ

山口の防長20警察犬訓練所に預託されているアリーセにヒートが来ました。

が、JALもANAも夏場、この時期は犬を乗せてくれません。

毎年、乗せてもらえない期間が長くなるように思います。

以前は西濃運輸がお盆、お正月以外は引き受けてくれて助かっていましたが、動物の輸送から撤退されてしまいました。

輸送手段が確保できなくて、交配を見送るケースも増えているのが残念です。


ビリーズの担当松村訓練士が、ビリーズを乗せて岐阜から山口まで走りました。

普通は、牝犬が牡犬の処に来るので、「ビリーズ、アゥエイなのに大丈夫か!?」という声もありましたが、いえいえ稟性しっかりしたビリーズ、久しぶりの再会に2頭が大喜びしたそうです。

 

受胎しておりましたら、9月上旬に子犬たちが誕生します。

 

わたし達は白い子犬が誕生しましても淘汰致しません。

ホワイトボクサーの特性をご理解いただけて、可愛がっていただける方に差し上げます。

一生手放さずに可愛がっていただける方に迎えて頂きたいです。

ご連絡をお待ちしています。


嬉しかったこと

倉敷で暮らす犬友からSOSがありました。

彼女は旧市街なので被災しなかったのですが、避難所に犬と一緒に避難してる人たちが居ると聞いて、犬のマナーパンツを持って避難所を回っていました。

すると、被災した友人から浸水してしまったため、着替えが全然無くて困っていると、6歳の男の子と3歳の女の子に古着を頼まれたそうです。

相談されたわたしがフェイスブックで、3歳から6歳の子供服の義援をお願いしました。

直ぐにPDの犬友イーファママさんの素晴らしいネットワークで、ママ友さん達が子供服をいっぱい集めてくれました。

倉敷の真備地区以外はうれしいことに宅急便も届いており、昨日、早速ユーパックが沢山届きました。

 

しかも性別、サイズで区別して送って下さる行き届いたご配慮でした。

友人に該当する箱を渡したら、直ぐに総社市役所に勤める友人が飛んできたそうです。

避難所では、子供服が不足しているそうで大喜びしてくれたそうです。

今頃は、皆さんに喜ばれていると思います。

倉庫に積まれたままになっている援助物資もあるそうですが、必要としてる人たちにこんなにタイムリーに届き、喜んでいただける、とても嬉しいです。


 

生駒警察犬訓練所の阿部先生が災害救助犬を連れて、倉敷真備地区に入っておられます。

猛暑の中、ボランティアでの救助活動ご苦労さまです。

わたしは、PDは優秀で誠実な訓練士の方々に支えられていると思っています。

PDプライドです。


甘えん坊のセキュリティ

アルスはホントに甘えん坊、大きな体と荒い動きの癖に心は乙女です。

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png


家の中ではわたしのストーカー、何処でもついて歩きます。

ちょっとソファに座ると、直ぐにダッコとのしかかって来ます。

コーヒーを飲んでいれば、一緒に飲もうとカップに頭を突っ込んで来ますし、スマホを触っていると前足で叩き落とします。

大きな体で、わたしのヒザに座るのは、もう無理と理解して欲しいものです。

iPhoneImage.png

朝は4時前に「ヒュウヒュウ」と甘えた鼻声でわたしを起こします。

今の時期は直ぐに暑くなるので、わたしも頑張って早起き、アルスと運動に出かけます。

数日雨が続き真っ暗、雨足も強い中、突然、アルスがクルリと振り向いて身構えました。

無灯火の自転車が背後に迫っていました。

お城の堀端、広い歩道なので充分間を空けて追い越せるはずなのに、わたしの真後ろにいました。

ビックリして「無灯火じゃない。」と言いながら、道の端まで寄ると、すかさずアルスがわたしと自転車の間に体を滑り込ませました。

雨カッパのフードを目深にかぶって、なぜかこちらに顔を見せずギクシャクと通り過ぎて行きましたが、その間、無言で威圧し続けるアルスは凄い迫力でした。

過日もイキナリわたしの前に立ちはだかりました。

暗闇を透かして見ると、釣り禁止なのに、釣竿を持って棒立ちになった男の人がいました。

必ず、わたしと相手の間に自分の体を入れてくれます。

アルスは甘えん坊ですが、素晴らしいセキュリティです。

 

でもね、アルス、貴方が居ないとわたしはこんな暗闇を歩かないから。


追加ワクチン

アルスが帰宅した月初に健康診断と狂犬病のワクチン注射に行きました。

家の犬達の掛かりつけは、訓練所では伊賀の南動物病院、帰宅中は津のルナ動物病院です。

 

今回は追加ワクチン接種と前回忘れていた検便です。

ジアルジアを拾って帰宅した前歴のあるアルスですが、今回は異常なしでした。

院長先生を待つ間、「座れ」と言ったら、診察室で座って待ちました。

人間は進歩しない人もいますが、1年前と大違いの落ち着いた姿に、犬は確実に進歩すると思いました。






 

わたし達が午前中の最後だったので、院長とアルスのプレート手術について。

術技に定評のある院長には、先代アルスの肥満細胞腫の手術をしていただきました。

アルスの靭帯断裂手術執刀医のことをよくご存じで、最近はプレート手術をする獣医も多いけれど、自他ともに認める第一人者の方に、良く執刀してもらえましたねと喜んでくれました。

南動物病院でも、あの2人が執刀、なんて凄い布陣と喜んでもらえましたが、お蔭で不具合もなく競技会で頑張っていますし、これからは審査会にも出陳しようと思います。

かねてから気になっていた、ボルトの取り出しについてお聞きすると、やはり人間の手術はボルトを取り出すから、犬も異物を取り出すほうが良いという考え方もあるそうです。

また、再手術には感染の危険性やボルトを取り出した後の強度(穴が開いている)を考えると、犬の一生を考えるなら、そのままの方が良いという考え方があるそうで、アルスの執刀医は確信を持って後者だそうです。

人工靭帯を2本使う術式、プレート、ワイヤー、ボルトの術式などなど、選択も多く、飼い主の決断に責任が伴います。

術式による派閥など、人間の医学部の学閥と同じで興味深かったです。


| 1/164PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM